新潟市の社会保険労務士「働き方改革」実践、事例集

元「働き方改革リーダー」の社会保険労務士が働き方改革、残業問題の話題を中心に現場で使える知識をお伝えします。次世代が明るい未来をイメージできるよう微力を尽くします。 

新潟市の社会保険労務士「働き方改革」実践、事例集 イメージ画像

教えて!退職金制度

オランダの大手金融グループであるINGは日本での確定拠出年金(401k)事業からの撤退を決めた。競争が激しく、事業を続けても採算が合わないと判断した。米プリンシパル・ファイナンシャルと折半で設立した日本法人を解散。日本生命保険に事業譲渡し、顧客も引き継ぐ・・・

政府税制調査会(首相の諮問機関)の石弘光会長は13日の記者会見で、給与収入より退職金が課税上、有利になる可能性がある現状を改める考えを示した。勤続年数が短い従業員が給与相当分を「退職金」でまとめて受け取り、税負担を小さくするのを防ぐ狙い。

最近続けて個人より確定拠出年金(401k)に関して質問がありました。いずれも既存の退職金制度を廃止して確定拠出年金(401k)へ移行したケースです。質問の内容は全く同じで、退職するんだけども、確定拠出年金(401k)はどうなるの、・・・

日産自動車は7月、同社の企業年金に2280億円の現金を一括拠出する。収益回復で生まれた余剰資金で「隠れ借金」である年金債務の一部を前倒し処理するのが狙いで、日本企業の現金拠出として過去最大規模。

退職金による債務増加に伴い、退職金制度を廃止し、前払い制度への移行を 検討する企業が増えているようです。退職金による債務増加に伴い、退職金制度を廃止し、前払い制度への移行を検討する企業が増えているようです。一番有名なのは松下電器の事例がありました。

こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。今回のコラムは「教えて退職金制度」、です。 企業側の問題として取りあげられることが多い退職金問題。 しかし、団塊の世代を中心として退職を控える人が多く なり、従業員側からも関心をもたれているようです。

こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。今回のコラムは「教えて退職金制度」、です。 中小企業で数多く実施されている適格退職年金。実際にコンサルタントに新制度への移行を依頼した話を聞きました。 このコンサルタントは適格退職年金は問題があるから

こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。今回のコラムは「教えて退職金制度」、です。 ある保険営業マンが私に言いました。 「先生、ここだけの話ですが、僕は今の会社にずっといるつもりはないんですよ。50歳くらいまでは頑張ったら独立しようと思ってい

こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。今回のコラムは「教えて退職金制度」、です。 <退職金問題-その5-> 退職金制度に問題があるのはわかっているけれでも、もうすぐ退職だから。 面倒なことは嫌だし、自分の退職金が減るのも嫌だな。 私がいなく

こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。今回のコラムは「教えて退職金制度」、です。 <退職金問題-その4> よく悪い例として「開き直る社長」がでてきます。 本や雑誌に書いているのを読んでも、実際にそんな人はいないだろうと思っていました。まが

こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。今回のコラムは「教えて退職金制度」、です。 <退職金問題-その3> 昔作った退職金制度に問題があるということは、ほとんどの企業で認識していると思います。しかし、実際に改革への取り組みは始めている企業はま

新潟の社労士「越後の虎」こと新島です。 <退職金問題-その2-> 退職金問題に関する情報提供と言いますと、確定拠出年金や保険商品など新たな資金準備の情報が多くなっています。退職金制度自体の改定については意外と少ないのが現実です。もちろん全部が全部そう

社労士・退職金コンサルタント「越後の虎」です。 今日のテーマは退職金です。 2007年になりますと団塊の世代が大量に退職し、多額の退職金が発生します。しかし、適格退職年金に代表される多額の積立不足をかかえた退職金制度、高度成長期に作られ多額の退職金を約束

もはや待ったなしの退職金問題。既に廃止が決まっている退職金制度である適格年金問題を始め、退職金問題は数多くの例があります。そこで、多岐にわたる退職金問題についてQ&A方式で問題の解説をしようと思います。退職金問題にお悩みの方は是非ご覧になって下さい。 

↑このページのトップヘ