新潟市の社会保険労務士「働き方改革」実践、事例集

元「働き方改革リーダー」の社会保険労務士が働き方改革、残業問題の話題を中心に現場で使える知識をお伝えします。次世代が明るい未来をイメージできるよう微力を尽くします。 

新潟市の社会保険労務士「働き方改革」実践、事例集 イメージ画像

教えて!退職金制度

今日は「教えて!退職金制度」、若干辛口かもしれません。 人気ブログランキングに参加中! ココをクリックし順位を確認!いつも応援ありがとうございます ↑クリックして頂けると、10ポイント加算です。応援よろしくお願いします。 「先生は一体どっちの味方なんで

今日は「教えて!退職金制度」、退職者に支払われる企業年金の減額についての話題です。 人気ブログランキングに参加中! ココをクリックし順位を確認!いつも応援ありがとうございます ↑クリックして頂けると、10ポイント加算です。応援よろしくお願いします。 「

今日は「教えて!退職金制度」、をお送りします。 人気ブログランキングに参加中! ココをクリックし順位を確認!いつも応援ありがとうございます ↑クリックして頂けると、10ポイント加算です。応援よろしくお願いします。 「キミに今度からガン保険をかけることに

今日は教えて!退職金制度です。 人気ブログランキングに参加中! ココをクリックし順位を確認!いつも応援ありがとうございます ↑クリックして頂けると、10ポイント加算です。応援よろしくお願いします。 「それは忘れた頃にやってきます!」 いきなり意味深な

今日は教えて!退職金制度です。 人気ブログランキングに参加中! ココをクリックし順位を確認!いつも応援ありがとうございます ↑クリックして頂けると、10ポイント加算です。応援よろしくお願いします。 再雇用した嘱託社員に対しても退職金を支払う必要はあるでしょう

今日は教えて!退職金制度,今回は社長の退職金についてです。 人気ブログランキングに参加中! ココをクリックして順位を確認!皆様のお陰でベスト3をキープしています ↑クリックして頂けると、10ポイント加算です。応援よろしくお願いします。 老後は奥さんの「

今日は教えて!退職金制度,です。 今日は「後出しジャンケンが、有利とは限らない」という話。適格退職年金問題に悩む、ある役員の方との会話です。 人気ブログランキングに参加中! ココをクリックして順位を確認!皆様のお陰でベスト3をキープしています ↑クリ

今日は教えて!退職金制度,久しぶりに「こんなはずではなかったのに」という事例の紹介です。 ある社長が言いました、「自分の都合で好き勝手に辞めていく人に退職金を満額払うなんて我慢できない」。この会社は退職金制度として規定されているものはありませんでした。です

今日は,私のコンサルティングに対する考え方をお話しようと思います。 今日は私の退職金コンサルティングに対する姿勢をお話ししたいと思います。一言で言えば「私は制度を作らない」ということです。えっ、何もしないの多額の料金を取るの?それこそ「ぼったくり」じゃな

今日は,教えて!退職金制度、不利益変更の代替措置についての話です。 ある会社がコンサルタントから退職金制度の不利益変更についてアドバイスを受けたそうです。詳細を話すと大変なので概略だけ話します。退職金の積立不足が多く、退職金規程で約束した金額の3割程度し

今日は教えて!退職金制度、いつもとチョット角度を変え、サービス内容についての考察です。 退職金制度の現状分析サービスがちょっとしたブームになっています。まず現状を知ることが重要だ、病気になったら医師の診断が必要なのと同じように。確かにその通りです。診断

今日は「教えて!退職金制度」、退職金制度を廃止し、全員前払い退職金制度に移行した事例を紹介します。 報道によりますと、日興コーディアルグループと傘下の日興コーディアル証券は、現行の退職金、年金制度を廃止し、積立分を毎月の給与に上乗せして払う「退職金前払

今日は「教えて!退職金制度」です。確定拠出年金導入を検討しているという会社から受けた質問を紹介します。 Q.「これからの退職金制度は老後保障を中心に考えるべきなのか?」 A.「会社に従業員の老後を保証する義務があるわけではありません。あくまでも退職金制度

今日は「労働法を斬る」、他社を真似て作った就業規則の問題点に斬りこみます。 Q.「10数人の会社なんだが社長の退職金はやっぱり生命保険になるのか?」 A.「生保は社長、役員の退職金の有力な積立手段ですが、他に小規模企業共済もあります。」 人気ブログラン

今日は「教えて!退職金制度」、ある会社の事例を紹介します。 先日、退職金制度分析を依頼された会社の役員様から、適格年金に代わる退職金積立の方法として確定拠出年金(401k)導入を決めたことを聞かされました。私が分析結果を報告してから約半年、考えに考え抜いた

毎週月曜〜木曜日は日替わりコラムです。今日は「教えて?退職金制度」、です。今回は制度というより積立方法の話です。 Q.「退職金の積立方法として保険会社から全額損金算入できる長期傷害保険を勧められたが、ほんとに得なのか」 A.「近いうちに全額を損金算入で

毎週月曜日から木曜日は日替りコラム、今日は「教えて!退職金」です。 Q.「勤続年数によって金額が増えていく退職金制度は辞めたほうがいいのか?」 A.「退職金制度を実施する目的によるでしょう。勤続年数比例方式の退職金制度が悪いとは限りません」 人気ブロ

毎週月曜日から木曜日は日替りコラム、今日は「教えて!退職金」です。 Q.「基本給に一定の係数をかけて退職金金額が決まるようになっていますが、この基本給の金額を現時点で凍結していいのか」 A.「不利益変更となりますので、慎重な対応が必要となります」 人

毎週月曜日から木曜日は日替りコラム、今日は「教えて!退職金」の番外篇です。 今日はこれから、お隣の県まで、適格年金の現状分析の結果報告に行ってきます。ご紹介を受けた保険会社の方と同行です。 それはそうと今回の案件は従業員が80名程度の会社。適格年金の

毎週月曜日から木曜日は日替りコラム、今日は「教えて!退職金」Q&A方式で疑問に答えます。 Q.「退職後に横領が発覚したが、既に支払った退職金を返還さえることはできるのか?」 A.「退職金規程に規定されているのであれば不当利得として返還請求ができるかもしれ

月曜日から木曜日は日替りコラム、今日は「教えて!退職金」です。久しぶりにQ&A方式です。 Q.「新しい退職金制度として中退共と確定拠出年金(401k)のどちらが得なのか?」 A.「制度の趣旨が違いますので、損得で選ぶものではありません。どちらの積立方法が会

月曜日から木曜日は日替りコラム、今日は「教えて!退職金」です。Q&Aはお休みしまして、チョットおかしくない?という相談事例を紹介します。 ブログの中で何回か「退職金規程は作成すべきである」という話をしましたが、先週また同じような事例がありましたので紹介し

毎週月曜〜木曜日は日替わりコラムです。今日は「教えて!退職金」、今日はQ&Aではなくコラム形式です。 企業であれば、最近、色々な方が退職金制度改革に対する解決案を提案に来ると思います。その中でチョット問題があるのでは?と感じたケースがありましたので、お

毎週月曜〜木曜日は日替わりコラムです。今日は「教えて!退職金」、退職金制度に関する質問です。 Q.「適格年金の解約を検討していますが、よく言われるようにすぐ解約した方がいいのか?」 A.「解約に適した時期は会社によって異なります。現状をよく分析して検討

毎週月曜〜木曜日は日替わりコラムです。今日は「教えて!退職金」、先週ある社長さんから受けた質問です。 Q.「競合他社に転職した場合は減額または不支給とする、という退職金制度は有効なのか?」 A.「注意すべき点はありますが、可能です」 〜人気ブログラン

今日は「教えて!退職金」です。昨日行いました退職金セミナーで受けた退職金制度に関する質問についてです。 Q.「通常の退職金以外に、社長判断で別途退職金を加算している。このままでいいのか?」 A.「支給基準を設けるべきでしょう。このままだと加算しているこ

今日は通常の企画をお休みしまして、「教えて!退職金」番外篇です。 今日はこれから、退職金セミナーの講師を努めるため、長岡市に行ってきます。今回は主催が別の社労士さんですので準備は楽なのですが、いつも以上に失敗はできないなと気合いを入れています。 〜

今日は「教えて!退職金」です。退職金制度に関する時事ネタを解説します。 セコムは中途入社する社員が前の会社で積み立てた年金資産や加入期間を同社入社後の資産や期間と合算できる「ポータビリティ制度」を導入する。改正年金法が10月に施行されたのを受けた措置で、

今日は「教えて!退職金」。今回は新聞記事についてです。 日本経済新聞社と格付投資情報センター(R&I)は有力企業・年金を対象にした「日経企業年金実態調査」をまとめた。今後、企業が採用したい年金制度を尋ねたところ、運用次第で給付額が変わる確定拠出年金(日

↑このページのトップヘ