新潟市の社会保険労務士「働き方改革」実践、事例集

元「働き方改革リーダー」の社会保険労務士が働き方改革、残業問題の話題を中心に現場で使える知識をお伝えします。次世代が明るい未来をイメージできるよう微力を尽くします。 

新潟市の社会保険労務士「働き方改革」実践、事例集 イメージ画像

成功するための経営術

おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。 活き活きと働いている人。 このような人の多くは 夢を持っています。    大きな夢、小さな夢 実現性が高いかどうか、 このようなことは関係ありません。 夢を持つことが大切なんです。 夢があるから頑張れる

おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。 仕事で自分をアピールしたい と思った時、 色々なことを話したくなりますよね。 自己紹介というと、 最初もぞもぞしていても、 話し出すと、 どんどん長くなったりします。 ただ、何をやっているのか 何をした

おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。 成功者に共通する考え方がある。 もし、これが本当なら 是非聞きたいですよね。 成功者の方に成功するコツを聞くと 色々な答えが返ってきます。 でも、その中で共通することを 見つけました。 それは、「運が

おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。 仕事ができる人をどんどん出世させていく これは,日本では当たり前のように 行われてきたことです。 遡れば、戦国時代、さらにもっと昔でも 手柄を立てると出世するのが当たり前ですね。 城を持つには、敵の大

おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。 先日、偶然ある会社の朝礼を 見る機会がありました。 いつもより遅くはじめたようで、 アポの時間までに終わらなかったようです。    約10人のメンバーが自分の予定を それぞれ話します。 これだけで軽く5分

おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。 ユーモア度が高い人ほど営業成績がいい これは、10月の「プレジデント」誌に掲載された ユーモア学を専門とする文教学院大学大学院准教授の 大島希巳枝氏が行った調査結果です。 東京都にある保険会社の営業

おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。 一緒のバスに乗るのではなく、 1人1人が自家用車で同じ目的地に進む そんな組織が大切になってきました。 高度成長期には、やるべきことが比較的はっきりし、 イケイケドンドンで進んできました。 そのような状

おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。 元気のない会社で 業績の良い会社はないですね。 あなたの会社は元気ですか? 元気のない会社の多くは 「会話」が少なくなっています。 会議といっても、 一部の人が一方的に話すばかり、 叱るつけるばかり、

おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。 有名なスポーツ選手は 試合後にインタビューを受けますね。 それぞれ個性があって面白いですね。 喜ぶ人、不機嫌な人、 ありきたりな言葉で取り繕う人、 いろんな人がいますね。 その中で、 一番気になるのは「イ

おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。 業績を向上させるために、 人材をどう活用するか? 永遠の課題ですね。 でも、先人の知恵を借りることによって 多少なりとも効率よく行うことは可能です。 例えば、有名なのが次の公式です。 業績向上のセオリ

こんにちは、新潟の社会保険労務士、新島です。 喫茶店で仕事をしてきた ホテルで記事を書いた よくこんな話を聞きませんか? 仕事をする場所があるのに、 なんでお金を払って別の場所で仕事をするの? 恥ずかしながら、20代前半の頃まで この意味がわかりません

こんにちは、新潟の社会保険労務士、新島です。 アクセルとブレーキを一緒に踏むな! これは、僕がよくアドバイスさせてもらう 言葉です。 もちろん、車の運転のことではありません。 ビジネスの話です。 アクセルを踏む=売上を上げようとする行為と ブレーキを踏む

↑このページのトップヘ