新潟市の社会保険労務士「働き方改革」実践、事例集

元「働き方改革リーダー」の社会保険労務士が働き方改革、残業問題の話題を中心に現場で使える知識をお伝えします。次世代が明るい未来をイメージできるよう微力を尽くします。 

新潟市の社会保険労務士「働き方改革」実践、事例集 イメージ画像

成功するための経営術

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  リコーが就業時間中の全面禁煙を打ち出しました。  オフィス機器大手のリコーは1月上旬、  国内のグループ会社で就業時間に喫煙することを  全面的に禁止することを発表した。  オフィスでの喫煙

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  今日は、朝礼を盛り上げるたった一つのコツ  についてお話しします。  先日、偶然ある会社の朝礼を  見る機会がありました。  社長よりせっかくだから見ていってほしいと言われ  見せて頂きま

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  5年ほど前の話ですが、  同じ研修を2社で行ったところ、  全く逆の評価をうけたことがありました。  ポジティブシンキングを身につけるための、  ワークを用いた研修だったのですが、  A

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  今日は、お気に入りの一冊を紹介します。     フローカンパニー、  産業医の辻秀一氏の著書です。  私が推奨しているフロー経営、フロー理論について、  わかりやすく解説している本です。
『フロー経営が会社を元気にする』の画像

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  昨日研修で出来事について  お話ししましたが、  同じ管理職研修で、  「部下と上手に話せない・・・・」  Bさんからこのような悩みを打ち明けられました。  一生懸命話しかけているが、  

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  今日は、心理学の話をしようと思います。    嫌われる勇気  昨年、大ヒットした本ですね。  アドラー心理学の考え方を  紹介した本です。  嫌われる勇気は、  会社経営としても、  
『嫌われる勇気が必要な理由とは?』の画像

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。    社員との信頼関係を深めていく、  社員個々の才能を生かす    今年はこの2点を重点テーマとして、  お客さまの支援を行おうと考えています。  人間関係の中で、  信頼関係は基本中の基本で

 おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。      「勝ち」より「不敗」を目指しなさい    昨日に引き続き、  私が好きな本を紹介したいと思います。    この本は、中国古典研究家である  守屋淳氏の著作です。  戦いの結果は、    一般的
『不敗が成功を呼び込む』の画像

 おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。    そして、  新年明けましておめでとうございます。  いよいよ2015年ですね。  今年はどんな1年にしようか?  このように考えている人も  多いのではないでしょうか?  そこで、私なりの、

 おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。    なぜうつ病の人が増えたのか、  今日はこの本を紹介したいと思います。  昨日読んだばかりなのですが、  なかなか興味深いものでした。  私も企業の人事に関する専門家として、  さまざまな研
『なぜうつ病の人が増えたのか〜メンタルヘルス対策〜』の画像

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。    成功者は10:90の法則を活用している!    誰でも1日24時間、  使える時間は平等に与えられています。  お金持ちも、そうでない人も、  偉い人も、そうでない人も、  お年寄りも、子供

 おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  「飲み会は、もうダメなのか」  先日、クライアントから、  このような相談がありました。  昔は、飲み会で親睦を深め、  会社の結束力を高めてきた。  でも、最近は行きたがらない社員が増えた

おはようございます、新潟の社会保険労務士、 新島です。 社員に研修を受けさせる。 非常に良いことですね。 どんどんやって頂きたいと思います。 その一方で、 研修がどの程度生かされているか。 一般的には、10人に1人いれば、 いいほうだと言われています。 こ

おはようございます、新潟の社会保険労務士、 新島です。    「無視される」 誰でも嫌なことですね。 ある行動を無視されると、 どうなるか? 嫌になって、その行動をやめます。      中には、意地になって、 目立とうとする人はいます。 でも、無視を続けると

おはようございます、新潟の社会保険労務士、 新島です。 ●前回までの復習です 成果が出ないのは次の2つの理由からだ 1.実行しない(できない) 2.続けられない そして、前回は、 続けるには精神論ではなく 「習慣化」することが大事だ という話をしました

おはようございます、新潟の社会保険労務士、 新島です。 ,●前回までの復習です 成果が出ないのは次の2つの理由からだ 1.実行しない(できない) 2.続けられない では、どうして実行できないのか? それは、次の2つの理由からだ (1)実行する能力、時

おはようございます、新潟の社会保険労務士、 新島です。 「緊急時の対応」 近年になって、様々な業務の分野で この言葉を聞くことが多くなりました。 企業経営にリスクはつきものです。 経営者は、 経営を安定させるために、 様々なリスクをなるべく回避しつつ、

 おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  ●前回までの復習です。  成果が出ないのは次の2つの理由からだ   1.実行しない(できない)   2.続けられない  では、どうして実行できないのか?  それは、次の2つの理由からだ  

 おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  以前、胃に穴のなくような目標は、  やめよう!  このような話をさせていただきました。  今回は、その逆、  ワクワクする目標の立て方をお伝えします。    どのようにして作るのか?  この

 おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  ファーストペンギン  この言葉を知っていますか?  ペンギンの群れの中で    一番初めに水に飛び込むペンギンを  指す言葉です。  ペンギンが生きていくためには、  水の中に飛び込んで、  魚を

 おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  ●前回までの復習、   成果が出ないのは次の2つの理由からだ     1.実行しない(できない)   2.続けられない   では、どうして実行できないのか?   それは、次の2つの理由からだ   

 おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  会社で目標を立てた時、  社員は、どのように感じているでしょうか?  経営環境が厳しくなると、  目標、ノルマの達成に向け、  日々目標の進捗状況をチェックされ、  かなり厳しい檄が飛んでいたり

 おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  前回は、  成果が出ない理由の多くは、    「実行しない(できない)」  「続けられない」  この2つが原因というところまで、  お話ししました。  今回より、この2つの原因について  1つずつ

 おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  昨日は、久しぶりに  ハローワークに求人票の提出に行ってきました。  そこで、いろいろな会社の  求人票を見たのですが、  どんな会社かわからない  求人票が多いですね。  もちろんハローワーク

 おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  新年になって、 今年の抱負、目標を立てた方は、  多いと思います。  そして、目標と言えば成果、  成果と言えば、  それを与えるための給与、  このような流れになることが  多いのでは、ないで

おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。 「やる気を出してもらいたい」 「不満をなくしたい」 経営者であれば、誰でも一度は考えることです。 一方、社員が何を望んでいるのか、 実際に知っている経営者は、多くはないでしょう。 多くの経営者は「想

おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。 今日は、社員教育と評価についてです。 社員に指導したいことは、 沢山あると思います。 あなたが優秀であればあるほど 部下の至らない点が沢山見えることでしょう。 そうすると、 人事評価や普段の指導で 沢山

おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。 「職場にまとまりがない」 「従業員同士の連携がイマイチだ」 このような課題の相談をよく持ちかけられます。   こんな時よくお勧めするのが、 「相手のことを褒め合う」ということです。   誰でも長所・短

おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。 今、自分が手がけている仕事で、 何か夢中になっていることはありますか? そして夢中でがんばっているけれど、 残念ながら、今ひとつ成果が出ていない、 そういうこともありますよね。 時間もかけている、お金

おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。 得意だから頑張る こんなこと、ありませんか? 例えば、小さい頃、 学校に通っていましたね。 算数が得意で いつもテストで良い点がとれる。 そして、テストを家にもって帰ると、 お母さんがほめてくれる。

↑このページのトップヘ