新潟市の社会保険労務士が「働き方改革」で業績UP!

元「働き方改革リーダー」の社会保険労務士が働き方改革、残業問題の話題を中心に現場で使える知識をお伝えします。 

新潟市の社会保険労務士が「働き方改革」で業績UP! イメージ画像

成功するための経営術

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  総務省の労働力調査によると、  60代後半のうち働く人は  2014年度に男女あわせて374万人となり、  13年度より10%増えました。  これは、60代後半の40.7%にあたり、  5人に2人が働いている

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  野党3党は26日、「同一労働同一賃金法案」を国会に提出しました。  民主、維新両党は25日、  労働者派遣法改正案への対案となる  「同一労働同一賃金法案」を  共同提案する方針を決めた。

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  京都市の臨時職員だった30代の女性が  勤務当時、男性上司からセクハラを受けたとして、  同市を相手取り慰謝料など  計約360万円を求めて  5月21日、京都地裁に提訴しました。    訴状によ

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  今日は、なかなか言うことをきかない、  指示通りに動いてくれない、  問題社員についての相談がありました。  厳しい処罰から、  本人と向き合って理解してもらう方法まで  いろいろとお話

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  業績を向上させるために、  人材をどう活用するか?  永遠の課題ですね。    でも、先人の知恵を借りることによって  多少なりとも効率よく行うことは可能です。  例えば、有名なのが次の公

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  今日は、従業員教育についてです。  たった一言で部下が成長する!  こんな魔法の言葉があったらどうしますか?  誰もが、聞きたいと思うハズですよね。  今日は、その魔法の言葉をお話しし

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  今日は、就業規則、についてです。  勤務開始と同時に、いつもすぐトイレに行く。  そのためすぐに仕事をはじめない。  このような人を取り締まる規定を  就業規則に盛り込みたい。  このよ

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  今日は、上手にほめる、についてです。  情報化社会の弊害がよく指摘されます。    その中でメールの問題がが取り上げられることが  多くありますね。  メールマナーに問題があり、  感情の

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  今日は、社内行事を成功させるコツ、についてです。   「飲み会は、もうダメなのか」  先日、お客さまより、  このような相談がありました。  昔は、飲み会で親睦を深め、  会社の結束力を

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  今日は、社会保険料、についてです。  健康保険組合連合会(健保連)は4月22日、  全国に1403ある健康保険組合全体の  2015年度の平均保険料率などの集計結果を  速報値として公表しました。

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  今日は、社内勉強会、についてです。  あなたの会社では、  勉強会を実施していますか?  何もしていないという会社は少ないでしょう。  ただ・・・・  みんなが積極的に参加する。  

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  自立型社員を増やす、今日で5回目です。  前回は、バクチ型の採用は止め、  -----------------------------------------   1.新卒採用を中心にする   2.スキルよりスタンス重視して採

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  自立型社員を増やす、今日で4回目です。  -------------------------------------------------  儲かる会社は、自立型社員を育てている! -------------------------------------------------

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  今日は、個人の才能を活かす方法、についてです。  自分が普通にできることで人の役に立ち、  多くの富が得られる方法を知ってますか?  また、自分ができないことがあっても、  カバーしてく

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  今日は、ブラック企業の求人締め出し関連法案、についてです。  参議院厚生労働委員会は16日、    悪質なブラック企業の新卒採用募集を  ハローワークが拒否できる「青少年雇用促進法案」を  

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  今日は、雇用保険の加入、についてです。  政府は今月14日、労使双方の同意を条件に、  65歳以上の人も  新規で雇用保険に加入する方向で  検討を始めました。  同時に、失業手当の受給も  

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  自立型社員を増やす、今日で3回目です。  前回まで、お知らせした内容は・・・    トップダウンなしで動ける「自立型社員」  業績が良い会社は自立型社員を育てている。  -----------------

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  昨日は、  投稿のミスで更新がされないハプニング、  今日は、しっかり投稿します。  さて、一昨日に引き続き、  自立型社員を増やすについてです。  一昨日、お知らせした内容は・・・

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  今日は、自立型社員を増やすについてです。  あなたの会社に自立型社員は  どれくらいいますか?    自立型社員とは、  --------------------------------------------  トップダウンなし

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  今日は、厚生労働省のマンガについてです。  厚生労働省は、  学生・生徒などを対象に、  就職して働き始める前や  アルバイトをする際に  知っておくべき労働に関する  基本的なルールをま

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  今日は、有給休暇の疑問についての、  ケーススタディです。  日によって労働時間の違うパートタイマーがいるが、  有給を取得した日はいくら給料を払ったらいいのか?  このような質問がありま

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  今日は、新入社員と異動についてです。  4月に入り、新年度が始まりました。  春は新入社員や異動など、  新たなメンバーが加わる季節です。  新メンバーを早くなじませるためにはどうするか

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  今日は、有給休暇の疑問についての、  ケーススタディです。  有給休暇を取得した日を欠勤にしていいのか?  という質問がありました。      この会社では、皆勤手当を支給しています。  そ

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  今日は、有給休暇の疑問についての、  ケーススタディです。  「有給休暇を買い上げることはできるのか??」  という質問がありました。      有給休暇を取らせたくないわけではないが、

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。    昨日は、  やる気向上ということで、  頑張ったら給料を増やす仕組みを作りたい。  この相談についてのお話しをしましたが、  今日はその続きです。        昨日は、  給料以外で報いる

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  今日の話題は、解雇についてです。  あまりあって欲しくはありませんが、    いわゆる不当解雇の解決策導入について、  政府に動きがあったようです。    政府の規制改革会議は25日、  裁

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  自分の中では、ちょっとショッキングなニュースでしたが、  あなたはどう感じるでしょうか?   厚生労働省山梨労働局は23日、  甲府公共職業安定所(ハローワーク)で  個人情報を記載した再

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  今日は、有給休暇の疑問についての、  ケーススタディです。  「急な欠勤がでたので、有給休暇をとった社員を   出勤させてもいいのいか?」  という質問がありました。      飲食店を経

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  今日は、有給休暇の疑問についての、  ケーススタディです。  厚生労働省は、平成27年3月に卒業する学生の  就職状況などを文部科学省と共同で調査し、  平成27年2月1日現在の状況を取りま

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  今日は、助成金についてのニュースです。  うつ病や事故などによる障害で休職した人の  職場復帰を支援するため、  厚生労働省が新たな助成金制度を設けることが  18日、分かった。  復帰す

↑このページのトップヘ