新潟市の社会保険労務士「働き方改革」実践、事例集

元「働き方改革リーダー」の社会保険労務士が働き方改革、残業問題の話題を中心に現場で使える知識をお伝えします。次世代が明るい未来をイメージできるよう微力を尽くします。 

新潟市の社会保険労務士「働き方改革」実践、事例集 イメージ画像

賃金制度の相談室

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  今日は、給与の決め方、についてです。  給与の相場っていくらくらい?  最近少し減ってきたものの、  まだまだこの質問がおおく寄せられます。  様々な統計データがありますので、  目安と

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  今日は、上手な給与の払い方についてです。  先日頑張った社員の給与を特に多くしたい、  このような相談がありました。    頑張った社員の給与を特に多くしたい。  多少の違いはあるにして

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  人事制度変更のニュースがありました。  3月30日、大和証券グループは、2015年度に  全社員の給与水準を引き上げることを  発表しました。  全社員の年収は約2%増加する見込みです。  ま

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。    やる気向上ということで、  頑張ったら給料を増やす仕組みを作りたい。  このような相談が後を絶ちません。       もちろん、このような相談があれば、  この仕組みつくりに対するアドバイ

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  今日の話題は、賃金についてです。  男女の格差について判決がありました。    金沢市に本社がある  機械設計販売会社の元社員が  男女差別による賃金の格差があったとして  会社に賠償を求

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  中小企業の半数が正社員の給与水準を引き上げ  このような調査結果が発表されました。  日本政策金融公庫総合研究所の調査で、    中小企業では、  2014年に正社員の給与水準を「上昇」(前年

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  パナソニックが賃金体系に「仕事役割等級制度」導入、  このような報道がありました。    以下はその抜粋です。    パナソニックは9日、  一般社員(係長以下)の賃金体系を  4月に見直す方

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。    厚生労働省は2月4日、  賃金や雇用の変動を示す毎月勤労統計調査の  2014年の結果(速報)を発表しました。  労働者1人当たりの現金給与総額の月平均は  前年比0.8%増の31万6694円、  

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。    1人当たりの福利厚生費が過去最高、  給与の14.7%に、  経団連からこのような調査結果が  発表されました。  調査は2013年度の数値であり、  企業が負担した福利厚生費は、  従業員

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  昨日、「給与の上手な払い方」セミナーを  開催しました。  成功事例だけ40ケース紹介するという内容。  いつもと全く違うアプローチでお話ししたので、  心配したのですが、  さすが一流の経
『上手な給与の払い方、終了しました』の画像

おはようございます、新潟の社会保険労務士、 新島です。 先日、日経新聞に シャープのボーナスについての記事が 掲載されていました。 シャープと言えば、 業界では確固たる地位を確立した 有名企業ですね。 このシャープには労働組合が あるのですが、 いままでボーナ

 おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  昨年末、決算賞与について  相談がありました。  部署ごとの業績数値に応じて  分配するとのこと。  ここで問題となったのが、  どのような数値で評価するか、  ということ。  社長は、  昨

 おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  昨年末に、うれしいことがありました。  人事制度の改定をお手伝いさせて頂いたお客様より、  喜びの声を聞かせていただきました。  「社員がみんなやる気を出していますよ!」  どんな報酬よりもう

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、 新島です。  年末年始のバタバタが解消し、  今日より更新を再開します。  社員を処遇する、ほめる方法は、  給与ばかりではない。  社員が会社に求めているのは、  給与の多さばかりではない。  トータルリ

おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。 今年も賞与に関して様々な相談が 寄せられています。 今回は、いくつかその事例を 紹介してみようと思います。 例えば、今まで特に基準を設けずに 社長の一存で決めていたが、 頑張った人には沢山払うというや

おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。 給料をあげてくれ! このように言われて困惑する。 経営者であれば、 誰しも一度は経験することですね。    では、このような場合、 どのように対応するのがいいのでしょうか? 給料を増やしますか? 要求

おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。 最近、インセンティブ、歩合給の相談が 増えてきています。 成果に応じて給与を増やす ということですね。 これは、我々も大いに推奨しています。 それは、なぜか。 成果を出してすぐに その結果が跳ね返ってく

おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。 中途採用した場合、給与をどう決めたらいいか? よく質問されますね。 先日も営業の経験者を雇ったということで 給与について相談がありました。 提示した給与が前職よりも安いということで、 もっと増やしてく

おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。 毎年、我々のもとは人事評価についての質問が 沢山寄せられます。 人が人を評価する、もともと非常に困難な課題に 挑むことになりますので、悩みがつきないですね。 でも、難しいからといってやらないわけには い

おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。 12月に賞与を払う予定の会社は、 もうそろそろ準備を始める頃ではないでしょうか? 毎年この時期になりますと、 賞与についての相談が寄せられます。    その中で非常に気になることがあります。 それは、「賞与

おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。 毎年1回昇給する、 あるいは定期的に昇給を検討する、 このような会社が多くなっています。   その理由はさまざまです。 ただ、昇給が必要かどうか、 本当に考えたことがある会社は、 少ないように思えます。

おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。 当社へは、毎日さまざまな質問が寄せられます。 その中でも圧倒的に多いのが、 給与の決め方についてです。 その中でも一番苦労しているのが 評価の仕方。 給与を決めるために必要と言うことも

おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。 やる気を出すというテーマで相談を受けることが 多くなってきました。 そうなると必ず話題となるのが給与の話です。 人事評価制度を取り入れて、頑張ったら給与が増える 仕組みにする。 だから、頑張るだろうと

今日は、仲間と適格年金セミナーを実施するため、東京にいます。多数のお申し込みを頂いているので楽しみです。 さて、今日は「人事評価は何のために?」このテーマについてお伝えします。 まずはコチラをチェック!        →人気ブログランキングへ 皆さん、いつ

今日は、労働分配率、過去最高の55%、このテーマについてお話しします。上場企業の2008年度の労働分配率が55.1%と、過去25年間で最高になったことが日本経済新聞社の集計で分かった。

こんにちは、新潟の社会保険労務士にいじまです。今日は、午後から「人件費見直しセミナー」を実施します。上期の自主開催は今日が最後、ただ、来月2回他社主催セミナーでの講演がありますので、まだまだ気は抜けません。 さて今日は、「インセンティブの意外な効果」こ

こんにちは、新潟の社会保険労務士にいじまです。今日は一転して涼しげですね。風邪をひかないように気をつけなければ・・・ さて今日は、「パナソニック、管理職1万人年俸カット」このテーマについてお伝えします。 まずはコチラをチェック!        →人気

こんにちは、新潟の社会保険労務士にいじまです。今日は久しぶりの出張で終日不在となります。ちょっとした旅気分にも浸れますので、気分がリフレッシュできればいいな、と思っています。 さて今日は、「賃金とヤル気」このテーマについてお伝えします。 まずはコチラ

こんにちは、新潟の社会保険労務士にいじまです。昨日は昭和の日で事務所は休みでした。休みはうれしいですが、週の途中に休みが入ると仕事のペースが狂いますね、皆さんはどうですか? さて今日は、「人事評価」このテーマについてお伝えします。 まずはコチラをチェ

↑このページのトップヘ