新潟市の社会保険労務士「働き方改革」実践、事例集

元「働き方改革リーダー」の社会保険労務士が働き方改革、残業問題の話題を中心に現場で使える知識をお伝えします。次世代が明るい未来をイメージできるよう微力を尽くします。 

新潟市の社会保険労務士「働き方改革」実践、事例集 イメージ画像

法改正情報

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  「マイナンバー」銀行預金口座にも適用へ  昨日、このような報道がありました。   マイナンバー制度は、  住民票を有する全ての方に1人1つの番号を付け、  社会保障、税、災害対策の分野で

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  労働基準法改正案が  明らかになりました。  早い項目で来年4月より施行を予定しています。  まずは、その内容を見てみましょう。  以下は、厚生労働省発表(抜粋)です。  ■平成31年4

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  データベース提供罪、  個人情報保護法の改正案で新たに創設されるようです。  個人情報を扱う企業の担当者や元従業員が、    不正な利益を得る目的で、  情報を提供したり盗んだりする行為を

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  有給休暇取得の義務化、で  何が起こるのか?  昨日の話の続きになりますが、  A社の社長は「名ばかり有給」も出るよね、  このようにもお話ししていました。  これはどういう意味なのか?

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  有給休暇取得の義務化、で  何が起こるのか?  昨日、このような話題で、  お客さま(A社)とお話しさせて頂きました。  その中でお客さまが言っていました。  これは「パートタイマー月給

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。    ようやくインフルエンザの症状が回復し、  明日から通常業務に復帰できそうです。  そのような中、以前お伝えしていた、  有給休暇の消化を義務付ける法案について、  動きがありました。  

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。 若者定着企業に助成金  日経新聞にこのような記事が掲載されました。  3年以内の離職率が3割以下といった  数値基準を満たす企業を、  若者が働きやすい会社と認定して、  助成金を出すというこ

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  昨日に引き続き、16年春からの施行を目指す、  労働基準法改正案の話題です。  働いた時間にかかわらず、成果で賃金を払うとする  ホワイトカラーエグゼンプションの制度について、  厚生労働

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。    厚生労働省が1月の国会に労働基準法改正案を提出、  16年春からの施行を目指すことが明らかになりました。  その中の一つに、  有給休暇取得促進策が盛り込まれています。  具体的には、企

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。    引き続き、  パートタイム労働法の改正その3です。  4月から施行される、  改正パートタイム労働法では、  相談に対応する窓口の設置、並びに  相談窓口の書面による明示が  義務化されました

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。    昨日に引き続いて、 パートタイム労働法の改正についてです。  4月から施行される、  改正パートタイム労働法では、  雇い入れ時の説明義務が  会社に課せられることとなりました。  従来より

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  選挙戦も終盤に入ってきました。  世の中の仕組みをどのようにするか?  様々な論戦が繰り広げられています。  一方で、話題にはならないが、  ひっそりと成立している法律が沢山あります。  労働

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。    解散総選挙で、  様々な法案が廃案になりましたが、  中には成立し、公布された法律もあります。  労務関連では、  労働契約法の特例法が成立しました。  すべて解説しますと、長くなるので、

おはようございます、新潟の社会保険労務士、 新島です。 久しぶりの更新となりますが、 大事なニュースがありましたので、 お知らせします。 厚生労働省は厚生年金への加入義務があるのに、 保険料を払わない事業所の実名公表を柱とする収納対策をまとめた。 事務を担う

おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。 先週、ウチの事務所に、 こんな質問がありました。 「来年1月に会社をつくろうと思うんです。  12月だとバタバタしますし、きりが良いので(笑)」 会社設立時期についての 相談でした。 今までであれば、 「

おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。 今日は、法改正情報です。 育児介護休業法で 改正があります。 100人以下の会社が 今まで免除されていた、 以下の事項が、義務化されます。 1.短時間勤務制度   3歳に満たない子を養育する従業員について、

こんにちは、新潟の社会保険労務士、新島です。 税制改正の話がいろいろ出てきています。 今日は、その中で雇用に関するものを取り上げます。 平成23年度税制改正大綱において、新しく雇用促進税制が導入される見通しとなりました。 雇用保険に加入する従業員

こんにちは、新潟の社会保険労務士、新島です。 有期雇用、パートタイマーの処遇改善に向けた新たなルール作りが始まります。 労使の代表者が参加する労働政策審議会(厚生労働相の諮問機関)で本格的な議論が始まり、年末までにまとめるとのこと。 そのポイントは、有期

こんにちは、新潟の社会保険労務士、新島です。 来年度の税制改正で地方分も含めた法人税の実効税率を5%引き下げる決定がなされました。 実質40%程度となっていた現状と比べますと。今回の法人税減税によって、税収は1兆5000億円程度減るとみられていま

こんにちは、新潟の社会保険労務士、新島です。 子供手当がもらえるようになって喜んでいる方が多いと思います。 ただ、その一方で増税が始まることを知っていますか? 11月より6歳未満の子どもは、これまでひとりあたり38万円あった扶養控除がゼロになります。 お客さ

 今日は、健康保険料率の改定、このテーマについてお話しします。ご存じの方も多いと思いますが、健康保険の業務がきょうかい健保に移行し、9月から県別の健康保険料になります・・・

今日は、政権交代と労務管理、昨日に引き続きこのテーマについてお話しします。昨日は、労務管理への影響について概略をまとめてみましたが、今日は、現在提出されている補正予算をまとめてみます・・・

 今日は、政権交代と労務管理、このテーマについてお話しします。昨日は民主党の圧勝で歴史的な一日となりました。このブログで政治の話題に触れるつもりはありませんでしたが、労務管理について、様々な影響がありそうです。どんな変化が見られるのか? 報道されている内容から取り上げてみます。・・・

 今日は、<strong>雇用保険を受給できない失業者に支援が!</strong>、このテーマについてお話しします。 厚生労働省が、雇用保険を受給できない失業者を支援する「緊急人材育成支援事業」を29日から開始すると発表しました・・・

こんにちは、新潟の社会保険労務士にいじまです。最近、事務所にもハチが出没するようになりました。毎朝、ハチを追い出すのに一苦労です。 さて今日は、「育児介護休業法・改正案が可決」このテーマについてお伝えします。 まずはコチラをチェック!        

こんにちは、新潟の社会保険労務士にいじまです。仕事があって見れなかったんですが、昨日のサッカー日本代表は残念でした。でも、まだ1年あります! さて今日は、「労働基準法の改正」このテーマについてお伝えします。 まずはコチラをチェック!        →

こんにちは、新潟の社会保険労務士にいじまです。昨日までとうって変わって今日は寒くなってきました。油断しているとまた風邪をひきそうですね。 さて今日は、「育児・介護休業法改正」このテーマについてお伝えします。 まずはコチラをチェック!        →人気ブ

こんにちは、新潟の社会保険労務士にいじまです。春は異動の季節ですが、役所でも結構異動が行われているようですね。最近窓口に行きますと、今までと違った顔ぶれが・・・ さて今日は、「再就職手当の改正」このテーマについてお伝えします。 まずはコチラをチェック

 今日は、<strong>労災認定基準の改正</strong>、このテーマについてお話しします。  厚生労働省は、うつ病などの精神疾患や自殺についての労災認定をする際に用いる判断基準を10年ぶりに見直すことを決め、各労働局に通達を出しました。

こんにちは、新潟の社会保険労務士にいじまです。昨日、ハローワークに行ってきましたが、えらく混んでいました。一方職員の人数は減っているとか・・・これは困りますね。 さて今日は、雇用保険法に関する改正についてお伝えします。 まずはコチラをチェック!      

↑このページのトップヘ