新潟市の社会保険労務士「働き方改革」実践、事例集

元「働き方改革リーダー」の社会保険労務士が働き方改革、残業問題の話題を中心に現場で使える知識をお伝えします。次世代が明るい未来をイメージできるよう微力を尽くします。 

新潟市の社会保険労務士「働き方改革」実践、事例集 イメージ画像

法改正情報

  おはようございます、 新潟の社会保険労務士、新島です。 今日は、日経新聞記事の話題です。 政府・与党は労働時間ではなく 仕事の成果に給料を支払う 「脱時間給制度」を盛り込んだ 労働基準法改正案の今国会成立を 見送る方針を固めた。 7月の東京都議選を控え

   おはようございます、  新潟の社会保険労務士、新島です。  労働時間の適正な把握のために  使用者が講ずべき措置に関するガイドライン  新しく設定された  労働時間管理のガイドラインについて、  引き続きお伝えします。    今回のガイドラインでは、

   おはようございます、  新潟の社会保険労務士、新島です。  厚生労働省が、新しい労働時間管理の  ガイドラインを発表しました。  労働時間の適正な把握のために  使用者が講ずべき措置に関するガイドライン  このような名前になっています。  ガイド

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  政府の方針に、男性の産休・育休取得率の目標が、  設定されました。    2020年を見据えた  政府の少子化対策の基本方針となる  「少子化社会対策大綱」の原案が  12日、明らかとなりました。

↑このページのトップヘ