新潟市の社会保険労務士「働き方改革」実践、事例集

元「働き方改革リーダー」の社会保険労務士が働き方改革、残業問題の話題を中心に現場で使える知識をお伝えします。次世代が明るい未来をイメージできるよう微力を尽くします。 

新潟市の社会保険労務士「働き方改革」実践、事例集 イメージ画像

会社を元気にしょう!

おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。 「職場にまとまりがない」 「従業員同士の連携がイマイチだ」 このような課題の相談をよく持ちかけられます。   こんな時よくお勧めするのが、 「相手のことを褒め合う」ということです。   誰でも長所・短

おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。 活き活きと働いている人。 このような人の多くは 夢を持っています。    大きな夢、小さな夢 実現性が高いかどうか、 このようなことは関係ありません。 夢を持つことが大切なんです。 夢があるから頑張れる

おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。 仕事ができる人をどんどん出世させていく これは,日本では当たり前のように 行われてきたことです。 遡れば、戦国時代、さらにもっと昔でも 手柄を立てると出世するのが当たり前ですね。 城を持つには、敵の大

おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。 弊社では、毎週1回社員だけで行われる 業務改善のミーティングがあります。 今週は、特にテーマは設けなかったのですが、 多くの改善提案が出てきました。 非常にうれしいですね。 このミーティングはどんなに

 今日は、<strong>「遅刻と有給休暇」</strong>、このテーマについてお話しします。就業規則について相談を受けることが多いのですが、必ず検討課題として出てくるのが、遅刻を有給休暇に振り替えるべきかという話です・・・

今日は、<strong>作ることに意味がある?</strong>、このテーマについてお話しします。多くの会社さまより就業規則や人事制度作成の相談が寄せられます。そこで必ず発生するのが・・・

 今日は、<strong>嫌がらせやセクハラの労使紛争が急増</strong>、このテーマについてお話しします。日経新聞記事によりますと、2008年度、労働委員会に新たに持ち込まれた紛争件数は2前年度比28.3%増えたということです・・・

 今日は、<strong>面接と入社後のギャップ</strong>、このテーマについてお話しします。「あなたは○○ができますか?」「ハイ、できます・・・

こんにちは、新潟の社会保険労務士にいじまです。昨日は県営球場のこけら落としで10数年ぶりにプロ野球が開催されました。近くでセミナーを開催したのですが、とにかく凄い人手でした。 さて今日は、「会議の見直し」このテーマについてお伝えします。 まずはコチラを

今日は、<strong>慶弔見舞金の充実</strong>、このテーマについてお話しします。  会社では、従業員に満足してもらうおうと様々な制度を設けたり、取り組みを実施します。  しかし、なかなか取り組みがうまくいかず、常に「どうしたらみんなに満足してもらえるのだろう」という質問が絶えません・・・

こんにちは、新潟の社会保険労務士にいじまです。昨日のセミナーは多くの出席者さまから「満足」という評価を頂きまして、安堵しているところです。7月は外部セミナーの講師を2回つとめます。こちらも楽しみです。 さて今日は、「アウトソーシングの効果」このテーマに

こんにちは、新潟の社会保険労務士にいじまです。我らがアルビレックス新潟は昨日の試合に勝ち3位に浮上しました。去年は苦戦していましたが、今年は一味違いますね。 さて今日は、「定年まで勤務が4割超」このテーマについてお伝えします。 まずはコチラをチェック

こんにちは、新潟の社会保険労務士にいじまです。出張で3日間新潟を離れていました。新潟に戻ってきた時は、ほっとしました。帰巣本能が強いタイプのようですね。 さて今日は、「職場のホウレンソウ」このテーマについてお伝えします。 まずはコチラをチェック!  

こんにちは、新潟の社会保険労務士、新島です。 正確な評価のできる評価表できtんと評価をする、そして正しい理論に基づいて賃金表を決める。これで会社が成長するでしょうか? こんなことが起こるかもしれません。正しい評価をして賃金が下がっていく。こんな社員が増え

こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。今回のテーマは「説明の重要性」についてです。 ある会社で新しい人事制度を導入することになりました。制度は理にかなった内容であり、きちんと説明もしました。しかし、社員からの反発が大きく、頓挫しているとか。

こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。今回のテーマは「有給休暇」についてです。 有給休暇を取得する権利を主張する従業員が増え、有給休暇に関する質問が急増していますが、先日次の質問を受けました。 「有給休暇を沢山取得している人は賞与の査定を

こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。今回のテーマは「賞与の払い方」、です。 先日ある社長さまから、こんな質問をされました。 「決算賞与を出したほうがいいのか?」 何故そのような質問をされたのか。詳しく聞きましたら、それは意外な理由でし

こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。今回のテーマは「賞与で悩む経営者さま」、です。 12月と言えば冬の賞与の時期ですね。毎年この時期になると頭を悩ませる経営者様が多いようです。「よーし頑張って賞与の金額を決めるぞ!」という方は稀でしょう。ど

こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。今回のコラムは「会社を元気にしよう」、です。 人事制度や賃金制度の見直しに悩む経営者さまは多いと思います。そして、悩んだあげく、他社の事例を集めよう!と事例コレクターになることが散見されます。 まずは

こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。今回のコラムは「会社を元気にしよう」、です。 日経新聞に興味深い記事がありましたので、紹介しようと思います。労働時間や働き方に関する従業員の考え方を調査した結果です。 まずはコチラをチェック!→人気ブ

業績を向上させたい、イマイチ元気のない社員にヤル気を出させたい、このような考えで賃金制度を見直そうと考える経営者さまは多いと思います。 しかし、賃金制度を見直せばその目的を達成できるとは限りません。このページは会社を元気にさせる事例、会社の活力を削ぐ事

こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。今回のコラムは「会社を元気にしよう」、です。 引退したサッカーの中田選手、ロッテのバレンタイン監督、立場は違えど、ともにチームに大きな影響を与えた2人です。しかし、その手法はまるっきり逆です。今回はその

こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。今日のコラムは「会社を元気にしよう」、人事評価についての話題です。 人事評価を正確に行って、きちんと処遇に反映させたい、どの中小企業でも一度は考えるテーマだと思います。しかし、実は「正確な人事評価」とい

こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。今日のコラムは「会社を元気にしよう」、優勝争いが大詰めを迎え盛り上がっている?プロ野球の査定制度を取り挙げたいと思います。 先日プロ野球に詳しい知人と話をしていたんですが、プロ野球の査定について色々教え

こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。今日のコラムは「会社を元気にしよう」をお送りします。 野球では「送りバント」という戦法があります。また、サッカーでは日本代表監督のオシム氏が「水を運ぶ者」が必要と言っています。いずれも、献身的な働きによ

こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。今日は「会社を元気にしよう」、ある会社の取組み事例を紹介します。 接客技術をあげるために、様々な訓練をする会社が多いと思います。しかし、人はそう簡単に変われるものではありません。効果を出すまでに時間がか

こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。今日のコラムは「会社を元気にしよう」、です。 賃金や賞与の金額を決める際に、人事評価をすることがあると思います。そしてどのようにして評価をすれば良いのか、これは経営者様なら誰でも悩んだことのある課題では

こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。今日のコラムは「会社を元気にしよう」、です。 「ピグマリオン効果」という言葉を知っていますか? これは古代ギリシャ王子の話を実際に検証して確認した効果のことです。これはビジネスにおいても目標達成の方法論

こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。今日のコラムは「会社を元気にしよう」です。 ある社長様が「賃金制度を見直したいんだが、いくら位かかるのか?」という話をされました。イキナリ料金の話です。確かに社長様にとっては重要なことで、見直しについて

こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。今日のコラムは「会社を元気にしよう」です。 昨日行われた亀田興毅選手のタイトルマッチ。ジャッジの結果について早くも論争がまき起こっているようです。その論争の元となっている採点方法が「10ポイントマストシス

↑このページのトップヘ