新潟市の社会保険労務士「働き方改革」実践、事例集

元「働き方改革リーダー」の社会保険労務士が働き方改革、残業問題の話題を中心に現場で使える知識をお伝えします。次世代が明るい未来をイメージできるよう微力を尽くします。 

新潟市の社会保険労務士「働き方改革」実践、事例集 イメージ画像

継続雇用相談室

今日は新企画「継続雇用相談室」です。改正法の施行まであと僅か。待ったなしです。 Q「継続雇用する際の基準はどうしたらいいんですか?」 A「従業員が自分で判断できるような客観的な基準が必要です」 〜人気ブログランキングに参加中!応援クリックをお願いし

少子高齢化の急速な進行により、今後労働力人口の減少が見込まれる中で、高年齢者の有効活用が重要になってきています。そのような状況下で平成18年4月1日より段階的に60歳以降の継続雇用が義務化されることとなりました。 一方社会的に継続雇用が不可欠であることは言

60歳以降の継続雇用が来年より段階的に義務化されるのは知っていると思いますが、肝心の働く側はどのように考えているのでしょうか。新潟県内で連合新潟に加盟する50歳以上の労働組合員に対し再雇用・雇用延長制度について調査が行われました。その結果は以下の通りでした。

↑このページのトップヘ