新潟市の社会保険労務士「働き方改革」実践、事例集

元「働き方改革リーダー」の社会保険労務士が働き方改革、残業問題の話題を中心に現場で使える知識をお伝えします。次世代が明るい未来をイメージできるよう微力を尽くします。 

新潟市の社会保険労務士「働き方改革」実践、事例集 イメージ画像

継続雇用相談室

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  有期労働契約の無期転換ルールについて、  特例が設けられました。    特例について、簡単に言いますと、  27年4月1日より、  定年退職後継続雇用されている労働者に  適用を除外できるよ

 今日は、<strong>事業所常用労働者、60歳以上が初の10%乗せ</strong>、このテーマについてお話しします。<blockquote>高齢者の労働力が存在感を増している。厚生労働省が20日発表した2008年の「高年齢者雇用実態調査結果」によると、事業所に勤める正社員など常用労働者の10%を60歳以上が占めた・・・

こんにちは、新潟の社会保険労務士にいじまです。事務所が入っているビルの下の階で内装工事中です。壁にドリルで穴をあけている時の騒音がひどくて・・・、仕方のない話ですが、早く終わって欲しい・・・・ さて今日は、「定年後再雇用の請求棄却」このテーマについてお

こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。今回のテーマは「再雇用時の賃金」についてです。 定年退職者を再雇用する際には、多くの会社では賃金を下げると思います。その際に、高年齢雇用継続基本給付金や在職老齢年金を加味して手取の減少を防ぐ手法が用いら

先週70歳定年制を目指す動きについて紹介しましたが、その具体策の一つとして新たな助成金の創設が発表されました。その名は<strong>「定年引上げ等奨励金」</strong>。70歳まで働ける企業の普及・促進を目的に創設されます。今回はその具体的な内容に触れたいと思います。

こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。今回のテーマは「高齢者の継続雇用」、です。 今年から「60歳以降の継続雇用」の段階的義務化が開始されました。希望者全員を雇用する企業、基準を設ける企業、対応は様々です。一方、高齢者自身はどのように考えて

こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。今日のコラムは「継続雇用相談室」、です。 現在ある会社の就業規則作成に携わっています。その最中に60歳以降の継続雇用に関して質問がありました。 「パートや契約社員も継続雇用しないといけないの?」 まず

人気ブログランキングに参加中! ココをクリックし順位を確認!いつも応援ありがとうございます ↑クリックすると10ポイント加算です。応援よろしくお願いします。 4月は法改正により大きな変化が生じています。当面は法改正を中心にしようと思います。 「定年で辞

人気ブログランキングに参加中! ココをクリックし順位を確認!いつも応援ありがとうございます ↑クリックすると10ポイント加算です。応援よろしくお願いします。 4月1日より遂に60歳以降の段階的な継続雇用が義務化されました。従来、継続雇用制度の導入により助成

今日は継続雇用制度相談室です。 人気ブログランキングに参加中! ココをクリックし順位を確認!いつも応援ありがとうございます ↑クリックすると10ポイント加算です。応援よろしくお願いします。 「急いで下さい!」この言葉にご用心? 多くの人が知っている通

今日は「継続雇用相談室」、です。 人気ブログランキングに参加中! ココをクリックし順位を確認!いつも応援ありがとうございます ↑クリックすると10ポイント加算です。応援よろしくお願いします。 「高齢者に適した仕事?そんなの簡単だよ!」即答でした。 60

今日は「継続雇用相談室」、高齢者の活用に関するコラムです。 人気ブログランキングに参加中! ココをクリックし順位を確認!いつも応援ありがとうございます ↑クリックすると10ポイント加算です。応援よろしくお願いします。 「やりがいを求める」これは何歳にな

今日はもう待ったなし!継続雇用相談室です。 「再雇用されると休みが少なくなるの?」今日は、そんな素朴な質問をされて困っていた経営者様からの質問を紹介します。 人気ブログランキングに参加中! ココをクリックして順位を確認!皆様のお陰でベスト3をキープし

今日はもう待ったなし!継続雇用相談室です。 Q.「再雇用の契約期間は65歳までにするのが良いのか」 A.「現実的には一定期間を区切って契約するのが良いでしょう」 人気ブログランキングに参加中! ココをクリックして順位を確認!皆様のお陰でベスト3をキープ

今日はもう待ったなし!継続雇用相談室,をお送りします。 目の前のおいしそうな「ニンジン」に惑わされないで下さい。もしかしたら「毒入り」かもしれませんよ! 人気ブログランキングに参加中! ココをクリックして今の順位を確認してみてください。 ↑クリックし

今日はもう待ったなし!「継続雇用相談室」(労働法を斬る),をお送りします。 Q.「再雇用の場合、退職後すぐに再雇用したほうがいいのか?」 A.「高齢者によって希望は異なると思います。よって一定期間を決めて、その間に再雇用でも良いと考えます」 人気ブロ

今日は,昨日に続き継続雇用相談室、法改正の施行がせまっていますので、掲載頻度を増やす予定です。 Q.「勤務延長制度は再雇用制度とは違うのか」 A.「勤務延長の場合は定年後も雇用が継続されますので再雇用とは異なります。」 人気ブログランキングに参加中!

今日は継続雇用相談室、4月から段階的に義務化される雇用延長、継続雇用に関するQ&Aです。 Q.「再雇用制度の対象者を職種によって限定できるのか」 A.「法律上は労使協定で定めた場合に可能ということになります。ただ、望ましいものではありませんので、実際に

今日は「継続雇用相談室」です。今日は番外篇として事例を紹介します。 継続雇用制度の導入についてある経営者の方と話していたときに信じられない言葉を聞きました。 人気ブログランキングに参加中! ココをクリックして今の順位を確認してみてください。 ↑クリッ

毎週金曜日はもう待ったなし!「継続雇用相談室」、Q&A方式でおお送りします。さらに今日は2本立てです。 Q.「従業員と労働条件について合意できない場合に再雇用を拒否することは法律に違反するのか?」 A.「合理的な条件を提示した上で拒否したのであれば改正法に

こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。 Q.「継続雇用制度奨励金は来年になると廃止されるのか?」 A.「現在のところ支給条件を変更して存続する予定です」 まずはコチラをチェック!→人気ブログランキングへ 皆さん、いつも応援ありがとうござい

毎週金曜日はもう待ったなし!「継続雇用相談室」、今日はQ&A方式です。 Q.「定年退職者を再雇用する継続雇用制度において、労働条件に制約はあるのか?」 A.「改正法の趣旨に合致していれば特に制約はありません。嘱託、パートでも特に問題はありません」 人気ブ

毎週金曜日はもう待ったなし!「継続雇用相談室」、今日はQ&A方式です。 Q.「年金や給付金と調整した最適賃金を設計したはずだったが、実際には毎年手取金額が違うのはどうして?」 A.「賃金は変わらなくても賞与や年金などの金額が変われば手取金額は変わります。」

毎週金曜日はもう待ったなし!「継続雇用相談室」、今日はQ&A方式です。 Q.「60歳以降の継続雇用制度を導入するが、どんな作業が必要なのか?」 A.「対象者の範囲や処遇などの制度設計が必要となります。他にも労使協定の締結、職場環境の整備、ケガなどのリスク対策

毎週金曜日はもう待ったなし!「継続雇用相談室」、今日はQ&A方式です。 Q.「60歳以降の雇用延長だけど他社の取り組みはどうなっているの?」 A.「約7割の企業が再雇用を選択しています。また対象者を選定している企業が6割弱となっています。」 人気ブログラ

毎週金曜日はもう待ったなし!「継続雇用相談室」、今日はQ&A方式です。 Q.「雇用延長の措置?そんなのウチに関係ないんじゃないの?だいたい何もしなくたって処罰されるわけではないだろ?」 A.「規模に関わらず全ての会社に適用されます。また、何もしないと大きな

毎週金曜日はもう待ったなし!「継続雇用相談室」です。今日はチェックリストを紹介します。 皆さん、知っての通り、来年より60歳以降の雇用延長が段階的に義務化されます。しかし、どのように制度を作ったら良いかわからない、既に運用を始めてから色々な問題が発生した

毎週金曜日は「継続雇用相談室」です。改正法の施行まであと僅か。待ったなしです。 Q.「継続雇用制度による雇用は何歳までにするのがいいのか?助成金がもらえるので65歳までの継続雇用を考えているが?」 A.「経営環境を考えながら決めるべきですが、不安であれば

毎週金曜日は「継続雇用相談室」です。改正法の施行まであと僅か。待ったなしです。 Q「継続雇用の基準について労使協定がまとまらない時はどうすればいいのか?」 A「企業規模により法律で定められた時期まで就業規則で定めた基準で制度を運用できます」 〜人気

↑このページのトップヘ