「働き方改革」ブログセミナー 無料で学ぶ事例集

元「働き方改革リーダー」の社会保険労務士が働き方改革、残業問題の話題を中心に現場で使える知識をお伝えします。次世代が明るい未来をイメージできるよう微力を尽くします。 

「働き方改革」ブログセミナー 無料で学ぶ事例集 イメージ画像

タイムマネジメントのススメ

  おはようございます、 新潟の社会保険労務士、新島です。 働き方改革リーダーとして 実際に業務に携わっていた経験と、 社会保険労務士として、 お客様の事例をもとに、 働き方改革の成功法を お伝えしています。 労働時間を減らして 生産性をあげる。 言葉で

  おはようございます、 新潟の社会保険労務士、新島です。 働き方改革リーダーとして 実際に業務に携わっていた経験と、 社会保険労務士として、 お客様の事例をもとに、 働き方改革の成功法を お伝えしています。 労働時間を削減する、 早く帰る運動をすること

  おはようございます、 新潟の社会保険労務士、新島です。 働き方改革リーダーとして 実際に業務に携わっていた経験と、 社会保険労務士として、 お客様の事例をもとに、 働き方改革の成功法を お伝えしています。 宅配便最大手のヤマト運輸が、 ドライバーの労

  おはようございます、 新潟の社会保険労務士、新島です。 働き方改革リーダーとして 実際に業務に携わっていた経験と、 社会保険労務士として、 お客様の事例をもとに、 働き方改革の成功法を お伝えしています。 昨日の続き、 帰ろうとしない社員をどうするか

  おはようございます、 新潟の社会保険労務士、新島です。 働き方改革リーダーとして 実際に業務に携わっていた経験と、 社会保険労務士として、 お客様の事例をもとに、 働き方改革の成功法を お伝えしています。 働き方改革を進める上で 想定外に苦労したこと

  おはようございます、 新潟の社会保険労務士、新島です。 働き方改革リーダーとして 実際に業務に携わっていた経験と、 社会保険労務士として、 お客様の事例をもとに、 働き方改革の成功法を お伝えしています。 働き方改革といって 時短だけ進めても、 業績

  おはようございます、 新潟の社会保険労務士、新島です。 働き方改革リーダーとして 実際に業務に携わっていた経験と、 社会保険労務士として、 お客様の事例をもとに、 働き方改革の成功法を お伝えしています。 働き方改革というと、 時短=早く帰れ このよ

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。  国の進める働き方改革で  新たな動きがありました。  以前から報道がありました  勤務間インターバル導入への  助成金制度が開始となりました。  勤務日と次の勤務日の間に  一定時間の休息を設け

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。  残業時間の上限についての議論が進められていますが、  昨日行われた働き方改革実現会議では、  基本的な方向性が出されました。  ポイントは以下の通りです。    1.原則は月45時間、年360

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。  自己啓発の学習も労働時間、  このような指針を厚生労働省が発表したという報道がありました。  厚生労働省は、長時間労働の温床とされるサービス残業をなくすため、  会社側の「暗黙の指示」で社員が

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。    Aさんは、並んでいる列に割り込む人を  どう思いますか?  新任管理職研修でAさんが、  「関わる人が増えて忙しいんですが、   どうやったらもっと使える時間が作れますか」    このよ

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。    給与計算実務能力検定第3回2級試験が  開催されます。    給与計算実務能力検定試験は、  企業・組織に不可欠な給与計算業務について、  その知識・遂行能力を判定し、  実務能力への確か

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。    今日は、 「TODOリスト」を  使いこなす方法についてお話しします。。    やるべき仕事をTODOリストとして、  リストアップする。  そして、終わった仕事から消しこんでいく。  

 おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  カエルを食べてしまえ!      この本は、私が大好きな本の一つで、  アメリカで最も有名なコンサルタントの1人、  ブライアン・トレイシーの代表的なビジネス書籍です。  この本の趣旨、  カエ
『カエルを食べてしまえ』の画像

 おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。    なぜうつ病の人が増えたのか、  今日はこの本を紹介したいと思います。  昨日読んだばかりなのですが、  なかなか興味深いものでした。  私も企業の人事に関する専門家として、  さまざまな研
『なぜうつ病の人が増えたのか〜メンタルヘルス対策〜』の画像

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。    成功者は10:90の法則を活用している!    誰でも1日24時間、  使える時間は平等に与えられています。  お金持ちも、そうでない人も、  偉い人も、そうでない人も、  お年寄りも、子供

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  先日、  ある会社の常務から  相談を受けました。  どうしてもやりたいことがあるんだが、  会社の風土をまるっきり変えることになる。  とてもできそうにないんだが、  何か良い方法はないか?

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。    今日は、昨日の続きです。  なかなか一歩踏み出せずにいた。  やりやすことからはじめる  「ベイビーステップ」」で動き出した。  しかし、着手できたものの、  作業量そのものが多くて  なか

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。    先日、新任管理職研修をさせて頂きました。    みなさん新任というだけあって  どんどん学んでやろうと、  目を輝かしていました。  このような良い雰囲気だと、  話すこちらも気分が乗ってきて

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  1日24時間、誰にも等しく与えられます。  しかし、満足いく1日を過ごせる人と、  そうでない人がいます。  その違いは、時間の使い方によって  表れてきます。    ある2代目社長から相談が

 おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  経営者団体さまからの依頼で、  三条商工会議所の会議室にて  講演しました。  内容は「経営者のタイムマネジメント」について。  目標達成のためには  上手に時間をつかわないといけない。  
『経営者ためのタイムマネジメントセミナー』の画像

こんにちは、新潟の社会保険労務士、新島です。 新潟市中央公民館で行われるユースセミナーで講演します。 「これだけは身につけたい5つの仕事術」と題するシリーズの第1回で「働く人のタイムマネジメント術」についてお話しさせて頂きます。 毎年、このテーマに

こんにちは、新潟の社会保険労務士にいじまです。 先週土曜日に長岡でタイムマネジメント講座が開催されました。 僕が講師として90分お話をさせて頂きました。 今日はその中から、「タイムマネジメントに大事な2つのポイント」このテーマについてお伝えします。
『タイムマネジメント講座開催!』の画像

毎週日曜日は長時間労働、サービス残業削減の切り札、「タイムマネジメントのススメ」です。 私がサラリーマンをしていた頃、一時期ですが社内の○○カンパニー経営管理部という部署にいたことがあります。この部署は○○カンパニー支社長直属の組織で予算管理や政策決定

毎週日曜日は残業、長時間労働削減の切り札「タイムマネジメントのススメ」です。 今回は時間を有効に使えているかどうか判断するためのチェックシートを紹介します。10の質問により診断する簡単な方式ですので、印刷して各部署でチェックしてみましょう。 人気ブログ

毎週日曜日は残業、長時間労働削減の切り札「タイムマネジメントのススメ」です。 今回はタイムマネジメントを実際に行動に移す際に重要となる計画立案についてお話しします。計画を作るというと、まず作業計画を一生懸命に作成する人がいます。それは必ずしも間違いとは

毎週日曜日は残業、長時間労働削減の切り札「タイムマネジメントのススメ」です。 前々回に「他人との共同作業のコントロール」についてお話ししました。その中で「共同作業において重要なのは「時間を決める」ことです。そしてその時間の始まりだけでなく終わりも決める

毎週日曜日は残業、長時間労働削減の切り札「タイムマネジメントのススメ」です。 今日はちょっと趣向を変えて脳のはたらきについてお話しします。いつも眠くなる時間がありませんか。その時はいくら気合いを入れてもどうしようもないですね。実はこれは脳の働きに関係が

毎週日曜日は残業、長時間労働削減の切り札「タイムマネジメントのススメ」です。 仕事をする場合は自分ひとりでする作業よりも、他人との共同作業の方が多くなるでしょう。会社など組織に属している場合は仕事の半分以上が共同作業になるかもしれません。ということは自

以前、パレートの法則について解説したことがありました。優先順位の高い仕事を集中的に行うことにより、効率的に利益を挙げる手法です。一方で業務改善をするときに「ムリ・ムラ・ムダ」を省くということが良く言われます。この「ムリ・ムダ・ムラ」を省くということはどの

↑このページのトップヘ