新潟市の社会保険労務士が「働き方改革」で業績UP!

元「働き方改革リーダー」の社会保険労務士が働き方改革、残業問題の話題を中心に現場で使える知識をお伝えします。 

新潟市の社会保険労務士が「働き方改革」で業績UP! イメージ画像

年金

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  働きながら年金をもらうには、どうしたらいいのか    昨日に引き続き、この話題です。  今日は65歳以後のケースについてです。  給料の金額によって年金額が調整される、  この考え方は一緒

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  我々がもらう年金、  そのお金を運用しているのが、  いわゆるGPIF、  年金積立金管理運用独立行政法人です。  この法人の運営組織について、  ニュースがありました。  130兆円の公的年金

こんにちは、新潟の社会保険労務士「にいじま」です。今回のテーマは「ねんきん特別便」についてです。 今日から「ねんきん特別便」が送付されます。みなさんに加入記録を確認してもらうためということです。でも、どのように確認したら良いのか。そこがわかりにくいとこ

こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。 先週年金問題に関しましてテレビ局の取材を受けました。お客さまへ年金相談センターヘの同行依頼をしたり、実際の収録など、延べ5時間近く要したのですが、中越沖地震報道によりお蔵入りとなっています。 そこで

今日は趣向を変えまして、他士業からの質問を紹介します。 人気ブログランキングに参加中! ココをクリックし順位を確認!いつも応援ありがとうございます ↑クリックすると10ポイント加算です。応援よろしくお願いします。 「本当に年金がもらえなくなるの?」始め

月曜日から木曜日は日替わりコラム、今日は「公的年金を活用してコストを削減する方法!」です。 今日は午後から「公的年金を活用してコストを削減する方法!」について保険会社と合同で経営者向けセミナーを行いました。60歳以上で働いている人で厚生年金に加入してい

昨日に続き、国民年金に関するネタをお届けします。昨日は保険料納付率向上策でしたが、今日お伝えするのは国民年金の過払い防止策です。そもそもこの防止策が検討されるに至った背景には受給者の死亡に関わる多額の過払いがあります・・・

納付率の改善がなかなか進まない国民年金保険料。社会保険庁は、国民年金保険料の納付率向上策として、来年度(2006年)からクレジットカードによる保険料の納付を可能にする準備をはじめました。

日経新聞の記事によりますと、全国の家庭裁判所に申し立てられた離婚調停が減少しているとのこと。1988年から増加が続いていましたが、2004年に一気に減少しました。

先日、社会保険事務所に行きましたとき、年金の手続きで質問をしたのですが、その際に年金相談についての新しいサービスを教えてもらいましたので、今日はそのお話しをしようと思います

厚生年金の保険料率を段階的に引き上げる上限について、現行制度の「年収の18.3%」ではなく15%にとどめた場合でも、公的年金の役割としては十分な水準とする試算内容を、経済産業省が民間シンクタンクとともに8日まとめた。

昨年3万人を対象に実施した国民年金保険料の強制徴収。社会保険庁は更なる徴収率改善に向け、収納対策を見直します。日経新聞の記事によりますと、市町村が持つ所得情報を活用し、年間所得が500万円以上の未納者全員を2007年度までに強制徴収の対象にするとのこと。

年金不信の高まりとともに年金相談が急増していますが、社会保険事務所での窓口対応に関しても批判が集中していました。問題視した社会保険庁は改善の取組みを始め、その結果についてアンケート調査を実施したとのこと

サラリーマンや公務員の配偶者で国民年金の第3号被保険者に該当しながら、結婚で会社勤めを辞めた際に届け出を忘れるなどして年金加入の空白期間ができてしまったケースに対する救済の拡大が4月から始まった。

石井さん、いつもこのブログを楽しみにしています。育児関連の話題に関しては私も2歳の子供を持つ身として大変興味をもっています。私も、本日の記事で年金に関する育児関連の情報を提供しています。お互い頑張りましょう。

こんにちは。新潟の社労士「越後の虎」です。年金は毎年どんどん制度が変わって追いかけるのが大変ですよね。しかも政治の都合もあったりして。そこで、今年の改正点をまとめてみました。

↑このページのトップヘ