新潟市の社会保険労務士「働き方改革」実践、事例集

元「働き方改革リーダー」の社会保険労務士が働き方改革、残業問題の話題を中心に現場で使える知識をお伝えします。次世代が明るい未来をイメージできるよう微力を尽くします。 

新潟市の社会保険労務士「働き方改革」実践、事例集 イメージ画像

労働一般

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。    アベノミクスにより正規雇用(社員)を増やそうという  取り組みがなされていますが、  数値上では、まだ道半ばのようです。  以下は新聞記事よりの抜粋です。  総務省が26日発表した  11

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  政府は成長戦略で  「2020年に指導的地位に占める女性の割合  30%を達成する」  このように明記しました。  それを受けて民間企業でも、  女性登用を強化する動きがありました。  以下は

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  業務中に事故があったにもかかわらず、  それを隠してしまう、    いわゆる労災隠しが発覚、ニュースになりました。    盛岡市内の工事現場で、  男性が作業中にケガをしたにもかかわらず、  別の

新潟の社会保険労務士,退職金コンサルタント「越後の虎」です。午前中は創業支援に関する新サービスのパンフ作成。難しいことを簡単に説明するのは非常に難しいですね。午後からは公益法人「あんしん財団」の方とお会いしました。社長や役員でも月2000円で怪我などの補償が受

新潟労働局より子育てと仕事の両立を図る「次世代育成支援対策のための行動計画」の提出状況が発表されました。行動計画の策定が義務付けられているのは従業員301人以上の企業。県内205社のうち、6月末現在で提出は132社であり、全体の64.3%となっています。まだ、かなりの企業が未提出のようです。労働局では早期の提出を企業に要請していくとのこと。

ホームセンターのコメリと食品スーパーのナルス(新潟県上越市)が「無人レジ」を導入します。コメリは既に新潟市河渡店に4台導入、ナルスは上越市戸野目店で11日から導入するとのこと。

ブログランキングはココをクリック!良い情報が見つかるかも</font></a><hr> 女性社員の管理職への登用は企業の理想ほどには進んでおらず、「出産・育児を契機に退職する人が多い」ことなどが登用の妨げになっている実態が、「21世紀職業財団」の調査により明らかになりました。

りそなホールディングス傘下のりそな銀行と埼玉りそな銀行は、一部のパート社員に対し、営業成績に応じたボーナスを今月半ばにも支払う方針を明らかにしました。

労働基準法では6ヶ月連続で勤務し、全労働日の8割以上出勤した労働者には10日の有給休暇を付与することを義務付けています。そして、勤続年数の増加により取得できる有給休暇日数は増加します。しかし、理由は様々ですが実際にはなかなか有給休暇を取得できないでいるのが現状です

本日の日経新聞に内閣府の実施した若者の自立に関する意識調査の結果が掲載されていましたので、紹介したいと思います。調査対象は15歳から29歳の7500人となっています。

本日の朝日新聞によりますと、精神障害者の雇用対策強化を柱にした改正障害者雇用促進法が29日、参院本会議で全会一致で可決、成立しました。2006年4月に施行されます。

本日の朝日新聞で英会話学校に勤務する外国人講師に対する社会保険適用の記事がありました。英会話学校では外国人講師が社会保険への加入を希望しても、学校側が断るケースが相次いでいるとのこと。一方で講師側は社会保険は強制加入なのだから加入すべきと主張しています。

日経新聞の報道によりますと、東京都民銀行がパートやアルバイトなどの非正社員を対象に、会社に代わって給与を前払いするサービスを7月から始めるとのこと。申込をすると早ければ翌営業日に銀行口座に給与が振り込まれる仕組みです。

一昨日に続きまして、新入社員の意識調査についてお話しします。今度は財団法人社会経済生産性本部より発表された「新入社員働くことの意識調査」の結果を紹介したいと思います。

ホクギン経済研究所が新潟県内の企業に入社した新入社員を対象に実施した「フレッシュマンの意識調査」について結果を発表しました。以前「成果主義を望む新入社員が増加!」という調査結果をお伝えしましたが、今回はどうでしょうか。

先週、読売新聞記事で気になる記事がありました。年金、医療の保険である社会保険と雇用、労災の労働保険の保険料徴収一元化について、厚生労働省は企業の保険料滞納・未払い対策を先行して実施する方針を決めたとのこと。

従業員を雇用している企業は労働保険料を納付しています。そして労働保険料は様々な用途に使われています。その中でも「箱モノ」と呼ばれるムダな施設の建設や予算の使い残しなど、労働保険関連事業の無駄遣いが問題になっています。

先月喫煙手当の問題について触れました。しかし昨日のニュースでもっとインパクトのある手当に関する報道がありました。その名も「乱闘手当」。国会職員に支給されていたこの乱闘手当が廃止されるとのことです。一体どういう手当なんでしょうか。

第四銀行(新潟市)が県内企業に入社した社員に実施した意識調査によりますと、定年まで勤め続ける安定型を望む傾向が減少し、実力本位の成果主義を重視する新人が増えているという結果が出ているとのこと。

信金中央金庫総合研究所がまとめた雇用動向調査によりますと、中小・零細企業がパートやアルバイトなどの非正社員を優先的に雇用する傾向が顕著に現れています。

上司から良心に反する仕事を指示された場合、会社の利益につながればその仕事を「行う」「恐らく行う」と回答した新入社員が、合計65%に上ることが日本能率協会(東京)が3日発表した調査で分かった。

総務省が31日発表した4月の完全失業率は4.4%と前月よりも0.1%改善し1998年以来6年4ヶ月の低水準となった。(中略)完全失業者数は23ヶ月連続で減少するなど、雇用情勢の改善は進んでいる。

前回の年金法改正では、パートタイマーの社会保険適用拡大を予定していました。具体的には週の労働時間が20時間以上の者を社会保険に適用するというものでした。社会保険の適用範囲を拡大し、被保険者を増やし、保険料収入を増やすことにより、財政の安定を狙っていました。

職場のIT化が進みパソコンも1人1台という会社も多くなっています。そんな中で社員のインターネットやメールの使用について一定の規制をする会社が増えています・・・

大手スーパーがパート労働者の比率を高めています。日経新聞の記事によりますと、大手10社に勤めるパートは2005年2月末で合計21万2000人、全従業員に占める比率は77%で、ともに過去最高に達したとのこと。

業績の回復を背景に大量採用に踏み切る企業が増え、就職戦線が学生優位に進んだ「バブル時代の再来」を指摘する声もあるが、実際には優秀な人材を求める企業の姿勢には、あまり変化がない。このため、複数の内定が集中する学生がいる一方、苦戦を強いられる学生も多く、二極化が進んでいるようだ。(

第一生命経済研究所は18日、日本でサマータイム(夏時間)制を導入すると年間の名目国内総生産(GDP)を0.2%押し上げるとの試算をまとめた。ただ「勤務時間が増えてしまえば、経済効果は小さくなる」と指摘している。

本流のポストを経験することにより実績を積み重ね、一歩ずつ階段を上るように出世を重ね、社長など組織のトップに立つという流れが日本企業では多くなっていました。その流れとは異なるケースが増えているという。

日本人の会社への帰属意識や仕事への熱意は世界最低水準――。そんな結果が、米世論調査会社のギャラップの調べで明らかになった。帰属意識や熱意が「非常にある」と判定された人の割合はわずか9%で、調査した14カ国のうち最低。

国をあげての少子化対策で。育児中の社員を対象にした職場の支援策は花盛り。仕事との両立に苦心する社員の評判も上々だ。しかし一方で、減らない仕事は誰がカバーするのか。代替要員の来ない現場では、仕事の増大や待遇格差に、子供のいない社員が悲鳴を上げている。(

↑このページのトップヘ