新潟市の社会保険労務士「働き方改革」実践、事例集

元「働き方改革リーダー」の社会保険労務士が働き方改革、残業問題の話題を中心に現場で使える知識をお伝えします。次世代が明るい未来をイメージできるよう微力を尽くします。 

新潟市の社会保険労務士「働き方改革」実践、事例集 イメージ画像

労働一般

りそなホールディングス傘下のりそな銀行と埼玉りそな銀行は、一部のパート社員に対し、営業成績に応じたボーナスを今月半ばにも支払う方針を明らかにしました。

ホクギン経済研究所が新潟県内の企業に入社した新入社員を対象に実施した「フレッシュマンの意識調査」について結果を発表しました。以前「成果主義を望む新入社員が増加!」という調査結果をお伝えしましたが、今回はどうでしょうか。

第四銀行(新潟市)が県内企業に入社した社員に実施した意識調査によりますと、定年まで勤め続ける安定型を望む傾向が減少し、実力本位の成果主義を重視する新人が増えているという結果が出ているとのこと。

上司から良心に反する仕事を指示された場合、会社の利益につながればその仕事を「行う」「恐らく行う」と回答した新入社員が、合計65%に上ることが日本能率協会(東京)が3日発表した調査で分かった。

業績の回復を背景に大量採用に踏み切る企業が増え、就職戦線が学生優位に進んだ「バブル時代の再来」を指摘する声もあるが、実際には優秀な人材を求める企業の姿勢には、あまり変化がない。このため、複数の内定が集中する学生がいる一方、苦戦を強いられる学生も多く、二極化が進んでいるようだ。(

本流のポストを経験することにより実績を積み重ね、一歩ずつ階段を上るように出世を重ね、社長など組織のトップに立つという流れが日本企業では多くなっていました。その流れとは異なるケースが増えているという。

日本人の会社への帰属意識や仕事への熱意は世界最低水準――。そんな結果が、米世論調査会社のギャラップの調べで明らかになった。帰属意識や熱意が「非常にある」と判定された人の割合はわずか9%で、調査した14カ国のうち最低。

国をあげての少子化対策で。育児中の社員を対象にした職場の支援策は花盛り。仕事との両立に苦心する社員の評判も上々だ。しかし一方で、減らない仕事は誰がカバーするのか。代替要員の来ない現場では、仕事の増大や待遇格差に、子供のいない社員が悲鳴を上げている。(

ある企業から質問がありました。「景気が悪くなって売上が下がっているんだよ。もう賞与なんて払っていられないんだけど、別に問題ないよね。」この会社では年2回給与の3ヶ月分程度賞与を払っていたようです・・・

たった今、東京から戻ってきました。 2日間で計18時間の人事研修。 疲れましたが、非常に役に立ちました。 もちろん、いろいろな人と話ができて、吸収することが 沢山あった2日間で、非常に充実していました。 1年ぶりで実家に泊まったんですが、地主の都合とか

今日は人事研修で東京に来ています。 研修の内容も非常に良いのですが、それ以上に受講している メンバーと話ができるのがいいですね。 士業は一人で考え、一人で動いていることが多いので、 どうしても考え方が偏りがちです。 いろいろな人と話し、その人の考え方を聞

31都道府県の274市町村が、バスや鉄道などを使わず、徒歩で 通勤する職員にも通勤手当を支給していることが19日、総務省の 調査で分かった。

↑このページのトップヘ