働き方改革用語集

「特別条項付き36協定とは」


特別条項付き36協定とは、

労働基準法で定められている
残業時間の上限を

一時的に延長することを可能とする
労使協定のことです。


繁忙期や納期切迫時など

36協定で定めた残業時間の上限を
延長する恐れのある事情がある場合

その上限時間などを記載し、
労働基準監督署に届け出ることにより

残業時間の上限を
延長することが可能となります。



36協定をよりもさらに
延長することができる時間については
法律で定められています。

延長できる上限は720時間となります。


また、残業の複数月平均が常に80時間以内
である必要があります。

この時間は、残業だけでなく
(法定)休日労働時間も含みます。



単月の上限も100時間未満と定められています。
この時間も(法定)休日労働も含みます。




働き方改革の事例集

現場で生まれた 生産性を高める「働き方改革30の知恵」

〜 すぐに使える働き方改革の実践事例集 〜

詳細はこちらから→ http://www.amazon.co.jp/dp/B078JHDW3B



働き方改革のお問い合わせ→働き方改革なら新潟中央社会保険労務士事務所