働き方改革用語集

「休日労働 法定休日 法定外休日」


労働基準法では、
使用者は労働者に対し

1週1回以上または4週4回以上の休日を
与えなければならないと規定しています。


この義務付けられた休日のことを
法定休日と呼びます。

それ以外の休日を
法定外休日と呼びます。


一般的には、これら法定休日と法定外休日を
どちらも休日と呼ぶことが多いでしょう。

そしてこれらの休日に働くことを
休日労働を読んでいます。



その一方で割増賃金の計算では
法定外休日と法定休日を区別することになります。

法定休日に勤務した場合は、
割増率1.35以上の割増賃金を
支払う必要があります。



法定外休日労働に勤務した場合は、
割増率は1.00もしくは1.25のどちらかになります。


この休日労働が、
「法定内残業」で1.00
「法定外残業」であれば1.25となります。



なお、法定休日、法定外休日、
どちらも割増率を1.35にしている会社も
数多く存在しています。

これは法律より労働者に有利となるので
特に問題はありません。



働き方改革の事例集

現場で生まれた 生産性を高める「働き方改革30の知恵」

〜 すぐに使える働き方改革の実践事例集 〜

詳細はこちらから→ http://www.amazon.co.jp/dp/B078JHDW3B



働き方改革のお問い合わせ→働き方改革なら新潟中央社会保険労務士事務所