働き方改革用語集

「36協定とは」


労働基準法第36条が根拠となっているため
36協定と言われていますが、

正式名称は
時間外・休日労働に関する協定届と言います。


労働基準法では

1日8時間、1週40時間を超えて労働させる、
あるいは休日労働させるためには、

36協定を締結しなければならないことが
定められています。

会社と労働者の過半数代表が
36協定を締結することなります。


つまり、いわゆる残業をさせる場合、
休日に労働させる場合は、

36協定を締結していないと
違法状態になるということです。

その一方で、
この法律をしない経営者も多く、

違法状態となっている会社が多くあると
言われています。

なお、36協定は、
労働基準監督署に届出が必要となっています。



働き方改革の事例集

現場で生まれた 生産性を高める「働き方改革30の知恵」

〜 すぐに使える働き方改革の実践事例集 〜

詳細はこちらから→ http://www.amazon.co.jp/dp/B078JHDW3B



働き方改革のお問い合わせ→働き方改革なら新潟中央社会保険労務士事務所