働き方改革用語集

「労働生産性とは」


労働者一人当たりの付加価値、
これを労働生産性と言います。


労働生産性が高いということは
労働力が効率的に活用されている、

労働の効率性が高いということになります。

そのため労働生産性は、
労働の効率性を計る尺度としてしばしば用いられます。


少子高齢化の急速な進展により
労働力人口の減少を克服していく必要があります。

そのためには労働生産性の向上が
必要不可欠となります。


いろいろな説がありますが、
一般的には以下の計算式で
労働生産性が示されるとされています。


労働生産性=付加価値÷労働者数


日本は諸外国と比べ
この労働生産性が大幅に低いと言われています。

その一番の原因として挙げられるのが
社員の長時間労働です。


国の方針では、働き方改革こそが、
労働生産性を改善するための最良の手段であるとしています。



働き方改革の事例集

現場で生まれた 生産性を高める「働き方改革30の知恵」

〜 すぐに使える働き方改革の実践事例集 〜

詳細はこちらから→ http://www.amazon.co.jp/dp/B078JHDW3B



働き方改革のお問い合わせ→働き方改革なら新潟中央社会保険労務士事務所