おはようございます、
新潟の社会保険労務士、新島です。


働き方改革リーダーとして
実際に業務に携わっていた経験と、

社会保険労務士として、
お客様の事例をもとに、

働き方改革の成功法を
お伝えしています。


みんなで一緒に頑張ろう!


一致団結して取り組む場合、

このような掛け声の下に
同じことを始めることが多いですね。


ただ、働き方改革の場合、

全社一斉に同じ取り組みをするのは、
ちょっと待った方がいいかもしれません。

というのは、
部署によって課題が違うことが
結構多いからです。


全社が同じような
仕事をしているとは限りません。

同じやり方とは限りません。

上司の方針が
色濃く反映していることも多いでしょう。


ある部署は、
何が何でも目標を達成させる
気合い重視の上司がいる。

チームワークもいい。

みんなで一緒に長時間頑張っている。


ある部署は、個人主義の上司がいる。
みんなバラバラで
長く働く人と短い人がいる。

ただ、結果さえ出せば
やり方は本人に任せる。


一方は、一定時間内に
終わらせる意識づけが必要、

もう一方は、
チームワークが必要。


それぞれ課題が違いますよね。



働き方改革を進める場合は、

まずは、それぞれの部署で
課題を見極めることが大切です。

全社一斉に同じ取り組みをするのは、
得策ではありません。



それでは、
今回はこれで終わりたいと思います。
  

最後までお読みいただきまして、
ありがとうございました。 




今日の順位は?
      →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


お問い合わせ→新潟中央社会保険労務士事務所