おはようございます、
新潟の社会保険労務士、新島です。


働き方改革リーダーとして
実際に業務に携わっていた経験と、

社会保険労務士として、
お客様の事例をもとに、

働き方改革の成功法を
お伝えしています。



長時間労働を減らすという
施策を実施すると、

当然のことながら
残業は減少します。

残業を減らすと
これも当然のことながら

残業手当が減少します。

生活レベルを維持したいので
残業手当が減ることに
難色を示す社員が出てきます。


残業しなくなったから
残業手当が減ることは
当然の結果であり、

何ら問題があることではないのですが、

その結果、
社員のやる気が著しく低下するのは
会社としては望まないと思います。


そこで、残業手当以外に
給与を増やす方法を提示することを
よくお勧めしています。

一番やりやすいのは、
賞与です。

生産性が向上して業績が向上した。
その結果賞与を増やす。

これを仕組みにして
公開します。


仕組みにして「公開」
ここがポイントです。

おそらくなのですが、
賞与は今までも業績配分といった
意味合いがあったのだと思います。

でも、それを明確にしている会社は
まだまだ少なく、

なんとなく定期的にもらえるもの
社長がなんとなく決めている、

社員はこのように取られていることが
多いからです。


もう一つ
何度も言うようですが、

働いた時間で給与が決まるわけではない。
この考え方を浸透させる、
実際に形にしていくことも大事です。

そのためにも
まずは賞与から明確に業績配分と
位置づけることが大切です。



それでは、
今回はこれで終わりたいと思います。
  

最後までお読みいただきまして、
ありがとうございました。 




今日の順位は?
      →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


お問い合わせ→新潟中央社会保険労務士事務所