おはようございます、
新潟の社会保険労務士、新島です。


働き方改革リーダーとして
実際に業務に携わっていた経験と、

社会保険労務士として、
お客様の事例をもとに、

働き方改革の成功法を
お伝えしています。


書類送検「ブラック企業」をHPに初公表
このようなニュースがありました。


--------------------------------------

厚生労働省は10日、
労働基準関係法令に違反したとして

最近半年間に書類送検し、
社名を公表した全国334件の
一覧表を初めて作成し、

同省ホームページ(HP)に掲載した。

(毎日新聞)

---------------------------------------


厚生労働省ではすでに昨年末
「過労死等ゼロ」緊急対策を発表しています。

報道の件は、この一環として実施しています。


今までは各都道府県の労働局HPで
公表していました。

今後は、送検を公表した日から
約1年間掲載し、毎月更新するということ。

今回掲載されたのは334件、

企業名や所在地、違反した法律、
事案概要などを県別に掲載しています。


今までは公表といっても、
それほど目立つことなく、

いわゆる「見せしめ」としての効果は
薄かったと思います。

今後も、毎月チェックするよう人は
ほとんどいないと思いますので、

実効性には疑問があります。

とはいいつつも、
これだけ大きなニュースとなれば
インパクトが強いですね。

世間体を気にする大きな会社ほど
効果があったのではないでしょうか?


世間一般でのスタンダードが
これか少しずつ、

法律を守れないこともある、から
守るのが普通、に
変わっていくのかもしれません。


中小企業に目を向けてみると、
月給で大企業に劣る。

いわゆるサービス残業も多い。
大企業はサービス残業がない。

こうなると採用がますます厳しくなります。


中小企業だから働き方改革はできない。
これでは済まなくなってきます。

中小企業も行う業務について
選択と集中をすることにより、

業績を維持しつつ
働き方改革を進める必要があると
思います。



それでは、
今回はこれで終わりたいと思います。
  

最後までお読みいただきまして、
ありがとうございました。 




今日の順位は?
      →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


お問い合わせ→新潟中央社会保険労務士事務所