おはようございます、
新潟の社会保険労務士、新島です。


働き方改革リーダーとして
実際に業務に携わっていた経験と、

社会保険労務士として、
お客様の事例をもとに、

働き方改革の成功法を
お伝えしています。


カエルを食べてしまえ!


utu




この本は、私が大好きな本の一つで、

アメリカで最も有名な
コンサルタントの1人、

ブライアン・トレイシーの
代表的なビジネス書籍です。

以前もこのブログで取り上げましたが、
良い本は何度でも紹介したいですね。


この本の趣旨、
カエルを食べてしまえ、

これは何を言いたいのか?


カエルとは、
一番大きく重要なことの例えです。

最も重要で難しい仕事、

手をつけないと、
どんどん後回しになって、
大変になっていくことです。


たとえば、
カエルを食べなければ、
何も達成できないとしたら、

まず何から食べますか?

仕方なく
最初にカエルを食べるでしょう。

だから、「カエルを食べてしまえ」
ということなんですね。


言葉で言うと簡単なんですが、
毎日の行動を振り返ってみると、

意外と「カエル」から食べていないことに
気がつくはずです。

余計なことに手をつけて、
肝心なことが進んでいない。

あちこちに注意力が散漫、
肝心なことにちっとも集中できていない。

このようなことがありませんか?


大事なことを各自に成し遂げたいのであれば、
そのために一番大切なこと、
 
カエルから手をつけるようにしましょう。

 

それでは、
今回はこれで終わりたいと思います。
  

最後までお読みいただきまして、
ありがとうございました。 




今日の順位は?
      →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


お問い合わせ→新潟中央社会保険労務士事務所