おはようございます、
新潟の社会保険労務士、新島です。


働き方改革リーダーとして
実際に業務に携わっていた経験と、

社会保険労務士として、
お客様の事例をもとに、

働き方改革の成功法を
お伝えしています。



仕事をほっぽり出して
帰っていいよ!



このような指示が出たら、
あなたならどうしますか?


例えば、担当するお客さまから
製品の修理を頼まれていて、

今日中に電話で返事が来る予定。

もししたら相談があるかも。


営業時間は19時まで。
自分の勤務は18時まで。

現在17時30分。

18時過ぎても返事が来なかったら
どうしよう・・・・


このようなときに、上司から
「ほっぽり出して帰って」と言われたら
どうしますか?


ほとんどの人が
困った顔をするでしょう。

責任感が強い人は

できるわけないと
怒るかもしれませんね。


でも、ある会社では、
ほっぽり出して帰っていいという
ルールになりました。

但し、
きちんんと「引継ぎ」をしてという
前提がありますが。


自分の仕事を途中でやめて
人にお願いして変えることは

やりにくい会社が多いようです。

そのために発生している残業も
多々あると思います。


でも、他にできる人がいるなら
その人に頼めば帰れますね。

そして、お互いお願いし合えば、
お互いに助け合えばいいと思います。


もう少し固い言葉で言えば、
情報共有をしよう、ということです。

これは何も、残業のときだけ
考えればいいということではありません。

常に情報共有がなされていれば

何かあって自分が不在の時に、
他のメンバーでも対応できます。

そうなると何がいいか、
これは言わずともわかると思います。


何でも自分でやる、ではなく、
情報共有して、みんなで終わらせる。

ぜひ、このような業務体制を
作って頂きたいと思います。


それでは、
今回はこれで終わりたいと思います。
  

最後までお読みいただきまして、
ありがとうございました。 




今日の順位は?
      →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


お問い合わせ→新潟中央社会保険労務士事務所