おはようございます、
新潟の社会保険労務士、新島です。


働き方改革リーダーとして
実際に業務に携わっていた経験と、

社会保険労務士として、
お客様の事例をもとに、

働き方改革の成功法を
お伝えしています。



私は知りませんが、

ドロンします!

という言葉が流行っていたことが
あったようです。


このドロンします、は
時短をする上では
非常に有効な手段となります。


ドロンしますと言って
家に帰るわけではありません。

ドロンと言って存在を消す。

わかりやすく言うと
誰にも邪魔されない状態を作る
ということです。


仕事は連続して行うのが
一番効率が良くなります。

別の言い方をすれば、

やっては止め、やっては止め
このようなると効率が悪いと言うことです。


仕事の途中で誰かに話しかけられる。
そこで話してからまた始める。

どこまでやったかな、
そういえば、何で迷っていたんだろう・・・

このようにして
なかなか再開できなかったりします。


単純に途中で邪魔が入らなければ
その分、たくさん仕事ができますね。


一日1回、
忙しい時期であれば
できるだけ長く、

邪魔をされない時間を作りましょう。


どこか別の部屋に篭る、
電話は別の人に対応をお願いする。

井戸端会議を禁止する。
大事な業務が終わるまで話しかけない。


色々方法があると思います。

ぜひ、知恵を絞って
邪魔されない時間作りを
考えてみましょう。


それでは、
今回はこれで終わりたいと思います。
  

最後までお読みいただきまして、
ありがとうございました。 




今日の順位は?
      →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


お問い合わせ→新潟中央社会保険労務士事務所