おはようございます、
新潟の社会保険労務士、新島です。


働き方改革リーダーとして
実際に業務に携わっていた経験と、

社会保険労務士として、
お客様の事例をもとに、

働き方改革の成功法を
お伝えしています。


いつやるの、今でしょ!



今も流行っているのか
わかりませんが、

一時期流行しましたね。


この言葉は結構好きですが、

働き方改革において
大きな成果を短期間で求めると

失敗することがあります。


どちらかというと、
日本では長時間労働が
奨励されてきました。

言葉には出さなくても
そのような風土が多いでしょう。


会社の言うことに
柔軟に対応できる人が
重宝されてきました。

都合よく使うことのできる
いわゆる「社員」が大事にされます。


しかし、働き方改革においては

生産性の向上が
大切なポイントになってきます。


何時間いたかではなく、
何を成し遂げたが大切になります。

どれだけ言うことを聞いたかではなく、
やるべきことをやったかが
大切になります。

これは、もしかしたら、
多くの会社では、

今までの価値観を否定するほどの
大きな変化を生じることとなります。


よって短期間に大きな成果を求めると
大きな混乱を招く可能性が高いでしょう。

昨日お知らせした
時短によるハラスメント、

いわゆるジタハラも

内容の伴わない、
単に結果だけ強制する時短により
発生すると思われます。

これでは、長時間労働とは別に
体力的、精神的な問題が発生する




ここで、結果を求めるのは
もちろん大切なことですが、

いきなり残業ゼロを求めるような
早期に大きな変化を求めることは、

避けたほうが良いと考えます。


短期的には、

現実的な実現可能性を考慮して
ややハードルが高いくらいの目標が
ちょうどよいと思います。

この辺のさじ加減は
会社によって違いますので、

これくらいがいいと
ハッキリは申せませんが。


いつやるの、今でしょ?

でも、結果を求めるのは、
今ではないと思います。

可能な範囲で
時間をかけて実行することが

成功確率をあげることになります。


時間に追われるのではなく、
時間をかけて、時間を味方にして
取り組みましょう。



それでは、
今回はこれで終わりたいと思います。
  

最後までお読みいただきまして、
ありがとうございました。 




今日の順位は?
      →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


お問い合わせ→新潟中央社会保険労務士事務所