おはようございます、
新潟の社会保険労務士、新島です。


働き方改革リーダーとして
実際に業務に携わっていた経験と、

社会保険労務士として、
お客様の事例をもとに、

働き方改革の成功法を
お伝えしています。



パワーポイントの使用を
禁止することにする!


このような決まりを作った会社が
ありました。


何かの雑誌に書いてあったそうです。

だれがはじめたかわからないが、
社内でパワーポイントを使う人が
増えてきているとういう。

そのパワーポイントが
生産性向上を妨げていました。


パワーポイントは多機能で便利だが
いろいろなことができるが故に、

本来やらなく良いことも
やるようになってします。

文字だけあればいのに、
色をつけたり模様をつけたり、

文字を点滅させたり
消えるようにしたり、

アニメーションをつけたり・・・・

みんな必要ない。

普通に文字が書いてあればいい。

こんな時間もったいない!


このように社長が話していたと
いうこと。

これは私も同感です。


資料つくりに
過剰に時間を費やすのは
無駄以外の何物でもありません。

もちろんTPOにもよるのでしょうが、
通常の会社で使う資料は、

文字が普通に書いてあれば
たります。

余計な修飾をつかって
時間を費やしているのであれば、

決して資料の出来栄えを
ほめてはいけないでしょう。

良い気分になって
もっと凝るようになってしまいます。

ここに時間をかけないように
指示が必要です。


書類はシンプルに時間をかけないで作る。

それが評価される社員の働き方である。

このよう基準を示すことが
必要ではないでしょうか?



それでは、
今回はこれで終わりたいと思います。
  

最後までお読みいただきまして、
ありがとうございました。 


働き方改革の事例集

現場で生まれた 生産性を高める「働き方改革30の知恵」

〜 すぐに使える働き方改革の実践事例集 〜

詳細はこちらから→ http://www.amazon.co.jp/dp/B078JHDW3B



働き方改革のお問い合わせ→働き方改革なら新潟中央社会保険労務士事務所