おはようございます、
新潟の社会保険労務士、新島です。


働き方改革リーダーとして
実際に業務に携わっていた経験と、

社会保険労務士として、
お客様の事例をもとに、

働き方改革の成功法を
お伝えしています。



働き方改革は、
今までの業務プロセスを

大きく変えることになるケースが
多いため、

疲れる、長続きしない、
このようなことが結構起こります。


せっかく取り組みをするのだから
長続きしてほしいものです。

では、どうしたらいいのか?


いくつか方法はあるのですが、
わかりやすい方法として、

生産性を上げた人を評価する
ということがあります。


絶対とは言いませんが、
日本では長時間働ている人を

頑張っている、
一生懸命働いている
やる気がある、

このように評価することが
結構多くあるようです。



でも、働き方改革では、

より短時間で大きな成果をあげる
これが目指すところになります。

よって、悪いわけではありませんが、
同じ成果を上げるのなら

より早く終わらせている人
より早く帰る人を評価する、

ここが大切です。


このような人が評価される、
このことが定着すると、

より短い時間で成果をあげることが
スタンダードになる、

当たり前になってきます。


もちろん、頑張ることを
否定するつもりはありません。

人間性を否定することも
よくありません。

あくまでも会社の評価ということです。



それでは、
今回はこれで終わりたいと思います。
  

最後までお読みいただきまして、
ありがとうございました。 




今日の順位は?
      →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


お問い合わせ→新潟中央社会保険労務士事務所