おはようございます、
新潟の社会保険労務士、新島です。


働き方改革リーダーとして
実際に業務に携わっていた経験と、

社会保険労務士として、
お客様の事例をもとに、

働き方改革の成功法を
お伝えしています。


働き方改革というと、

時短=早く帰れ
このようなイメージを持つと思います。


確かに政府が始めた理由は
長時間労働で精神や健康を害する。

子育て支援がしにくくなる。

このような理由で、
労働時間の削減を求める。

このような側面が強く出ています。


会社によっては36協定を守る、
違法行為は良くない。

このような目的を掲げることも
あるでしょう。


ただ、これだけだと、
長続きしないことが多い。

それはなぜか。


単に早く帰るだけなら、
誰でもできる。

早く帰るだけなら、
業績は間違いなく落ちる。

早く帰るだけなら、
やる気ある人のやる気が落ちる。

このようにマイナスの効果が
大きいからです。
 
もちろん時短の効果はあります。

でも、その結果、
会社の業績や活力が失われるのでは
続きません。

だから、うまくいかないことが多い。

それでは、どうすればいいのか。

次回お伝えしようと思います。



それでは、
今回はこれで終わりたいと思います。
  

最後までお読みいただきまして、
ありがとうございました。 




今日の順位は?
      →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


お問い合わせ→新潟中央社会保険労務士事務所