おはようございます、新潟の社会保険労務士
 新島です。


 厚生労働省は、今年4月から始まった
 改正次世代育成支援対策推進法に基づく

 プラチナくるみん認定企業が、

 5月末現在で11社になったことを公表しました。


 ■全国のプラチナくるみん認定企業数 11 社

 宮城 ホシザキ東北株式会社

 山形 株式会社山形銀行

 東京 株式会社イトーヨーカ堂
     住友商事株式会社
     T&Dフィナンシャル生命保険株式会社
     日本放送協会
     株式会社リコー

 新潟 一正蒲鉾株式会社

 福井 小浜信用金庫

 兵庫 ネスレ日本株式会社
     富士通テン株式会社


 なんと、新潟の一正蒲鉾が入っています。

 地元なので、うれしいですし、
 誇らしくもあります。


 ブラチナくるみん、
 認定基準が厳しく、

 認められるのはなかなか困難です。


 特に男性の育児休業がなかなか難しい。

 最近になって、
 ようやく届け出が出るという話を
 方々で聞くようになりましたが、

 男が育児休業なんてとんでもない!

 このように考える会社がまだまだ多く、
 言い出せないでいる人も結構いるようです。


 価値感の問題なので、
 これがいいとか悪いとかいうつもりはありませんが、

 男女関係なく育児休業を取得する、
 このような流れが少しずつできてきています。

 会社の事情で無理という場合は、
 よく考えないといけませんが、

 価値感の問題で却下するのは、
 会社の将来にとっていいことなのか、
 考えてみたほうがいいですね。


 徐々に労働人口が減っていく。
 若年者は特に少ない。

 選ばれる会社になる必要がある。

 そう考えると、
 少なくとも男性の育児休業取得から、

 目をそらすことは、
 できなくなりそうですね。



 尚、発表の詳細はこちらをご覧ください
 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000088078.html



 それでは、
 今回はこれで終わりたいと思います。
  

 最後までお読みいただきまして、
 ありがとうございました。 




今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


お問い合わせ→社会保険労務士にいじまチャンネル