おはようございます、新潟の社会保険労務士
 新島です。


 政府は4日、
 産業競争力会議(議長・安倍首相)の会合を開き、

 持続的な経済成長に向けて、
 産業界のニーズに即した実践的な職業教育を行う

 高等教育機関の新設を柱とする
 人材育成策を決めました。


 今月中にまとめる成長戦略に盛り込み、
 来年に制度の内容を固め、

 2019年度の開校を目指します。

 
 この新教育機関は、
 高校の新卒に加えて、

 社会人の入学も可能にし、
 キャリアアップに役立ててもらうというもので、

 既存の4年制大学や短大、専門学校から
 新教育機関への移行も認める方針です。


 既存の大学では
 企業が求める実務的な教育が
 行われていないとの指摘があり、

 一方、企業側も従業員教育を手掛ける
 指導者が不足しているという課題があります。


 新教育機関は産業界と協力して
 カリキュラムを編成し、

 日本経済や社会の変化に対応した
 専門知識を教え、

 即戦力を育成することが狙いです。

 
 人材育成策には、
 従業員のキャリア開発を支援する企業への
 助成金を拡充する方針も盛り込まれました。

 専門知識を得るための
 研修を受ける人を支援する

 「教育訓練給付制度」の対象を
 来年度にも拡大するとしています。


 趣旨には賛同しますが、
 
 是非、盛り込んでもらいたいのが、
 人間力の教育。

 ゆとり教育のせいでしょうか?

 社会人としての心構えが
 できたいない新卒が多いと言われています。

 自分を知り、自分を活かす方法。

 このあたりも学んでおいて欲しいですね。


 知識やスキルはもちろん大切ですが、

 最終的にはマインドセットが
 結果に大きく影響します。

 人間力の教育も是非お願いしたいです。

 自分もまだまだですが。


 
 それでは、
 今回はこれで終わりたいと思います。
  

 最後までお読みいただきまして、
 ありがとうございました。 




今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


お問い合わせ→社会保険労務士にいじまチャンネル