おはようございます、新潟の社会保険労務士
 新島です。

 ようやくマイナンバーについての話題が
 多くなってきました。

 セミナーなどに出席して、
 わからないことなど質問が来るようになりました。

 しかし、本当に基本中の基本が
 まだ理解できていないようです。

 おそらくセミナ−の内容が難しいか、
 広範囲にわたっているからかと思います。

 そこで、まずはここだけは押さえておきたいという
 基本部分をお知らせします。


 ●マイナンバーとは?

 国民1人ひとりが持つことになる
 12桁の番号のことです。

 マイナンバーは、一生使うものです。

 番号が漏えいし、
 不正に使われるおそれがある場合を除き、
 一生変更されません。


 ●自己のマイナンバーは、
  いつ、どのように知るのか?


 平成27年10月から、
 住民票を有するすべての人に、

 1人に1つのマイナンバーが通知されます。

 市町村から、住民票の住所に、
 書留郵便にて、マイナンバーの通知が送られます。


 ●個人番号カードが交付されます

 マイナンバーの通知後に
 市町村に申請をすると、

 身分証明やさまざまなサービスに利用できる
 個人番号カードが交付されます。

 個人番号カードは、
 平成28年1月から交付されます。

 個人番号カードに記録されるのは、

 券面に記載された氏名、住所、
 個人番号などのほか、
 電子証明書などに限られ、

 所得などのプライバシー性の高い個人情報は
 記録されません。


 ●マイナンバーが必要となるのは?

 平成28年1月から、
 社会保障、税、災害対策の行政手続で
 マイナンバーが必要になります。
 

 簡単と言えば簡単なのですが、
 よく読んでみると大事なことが沢山入っています。

 例えば何にでも使うものではないということ。

 意外と誤解されている人が多いですね。

 まだ用途が限定されていますので、
 思っているよりは危険ではありません。

 もちろん将来はわかりませんので、
 我々国民の監視が必要です。


 それはさておき、
 上記は基本の「き」となります。

 まずはすべて理解してから、
 セミナー等に行くと良いでしょう。



 それでは、
 今回はこれで終わりたいと思います。
  

 最後までお読みいただきまして、
 ありがとうございました。 




今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


お問い合わせ→社会保険労務士にいじまチャンネル