おはようございます、新潟の社会保険労務士
 新島です。

 国民に広く負担を求める
 医療保険制度改革関連法が

 5月27日の参院本会議で
 自民、公明両党などの賛成多数で
 可決、成立しました。


 法案は国民健康保険の財政基盤を
 強化することを柱とする、

 健康保険法や国民健康保険法など
 5本の改正法をまとめた一括法です。

 
 今回の法案に盛り込まれた
 主な改正案は次のとおりです。


 ・国民健康保険の運営主体を
 2018年度に市町村から都道府県に移管


 財政基盤を強化して安定させようということ。

 ただ、サービスが均一化されて、
 地域に合ったサービスができるのでしょうか?


 ・入院時の食事代の自己負担額を
  18年度までに1食260円から460円に引き上げ


 単純に値上げということ。

 ただの値上げではなく入院日数短縮を
 目指しているのではないでしょうか?


 ・紹介状なしで大病院を受診する人は、
 16年度から新たに
 5000〜1万円の定額負担を義務化
 

 大病院と地域の診療所と
 役割分担をハッキリさせるということですね。

 大病院は、重篤な患者
 高度な医療に集中するのか?

 紹介状を出すのはいいのですが、
 きちんと連携をして、

 同じことを聞いたり調べたり
 しないようにしてほしいですね。


・保険診療と保険外の自由診療を併用する「患者申出療養」の範囲拡大に向けた新制度を16年度に創設

 ここは詳しくないのですが、
 自由診療が広がるのは、

 当分の間は良いことが多いのでは?

 外資が参入するために、
 圧力をかけているとも言われていますが。


 最後を除いて、
 聞いただけでネガティブな印象を受けます。

 必要なことなのは、
 よくわかりますが、

 もう少し明るい話題も欲しいですね。



 それでは、
 今回はこれで終わりたいと思います。
  

 最後までお読みいただきまして、
 ありがとうございました。 




今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


お問い合わせ→社会保険労務士にいじまチャンネル