おはようございます、新潟の社会保険労務士
 新島です。


 京都市の臨時職員だった30代の女性が
 勤務当時、男性上司からセクハラを受けたとして、

 同市を相手取り慰謝料など
 計約360万円を求めて

 5月21日、京都地裁に提訴しました。

 
 訴状によりますと、女性は
 平成26年6月〜27年1月の契約で、
 区役所の臨時職員として採用されました。

 26年7月ごろから、
 男性上司のセクハラが度重なり

 「女盛りやな。年齢的にも身体的にも」などと
 言われたほか、

 体を密着されるなどしたといいます。


 女性は自律神経失調症を発症して
 仕事を続けるのが困難となり、

 9月末に退職しました。


 女性は同月、市に被害を相談し
 27年4月、セクハラ行為を認定しましたが、

 男性上司への処分は
 書面での注意のみにとどまったようです。


 市は「訴状の内容を確認した上で対応したい」
 としています。


 これだけセクハラが騒がれても、
 まだまだ発生するようですね。

 現場を見ていたわけではないので、
 報道でしかわかりませんが、

 セクハラと言われと、
 思わなかったんでしょうか?

 ちょっと不思議な感じがします。

 とはいっても、
 意識をしなければセクハラと思わない人も
 まだまだいるのでしょう。


 会社は、このようなことが起こらないよう、
 セクハラとは何か?

 説明が必要ですね。

 この程度ならいいだろう?

 「この程度」がまちまちなのでは、
 ないでしょうか?



 それでは、
 今回はこれで終わりたいと思います。
  

 最後までお読みいただきまして、
 ありがとうございました。 




今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


お問い合わせ→社会保険労務士にいじまチャンネル