おはようございます、新潟の社会保険労務士
 新島です。


 北九州市営バスの嘱託運転手が
 乗務の合間に待機する時間について、

 労働時間に当たるかどうかが争われた
 行政訴訟の判決が5月20日、
 福岡地裁でありました。


 山口浩司裁判長は

 「労働から解放されておらず、
 使用者の監督下にあった」として労働時間と認め、

 市に対し、
 2010〜11年分の未払い賃金として

 運転手14人に計約1240万円を
 支払うよう命じました。

 市側は訴訟で、「折り返し運転で発車するまでの待機時間は
 運転手の休憩時間」と主張していました。


 判決によると、
 嘱託運転手の給与は時間制で、

 1路線の終点に到着後、
 別の路線を運行するまでの待機中は
 賃金が支払われず、

 1時間当たり140円の
 「待機加算」が支給されています。

  
 今回の争いのポイントは、
 待機中は監督下にあったのかということ。

 報道でみる限りではありますが、
 バスの移動や乗客対応をする必要があったと
 裁判では認定されたようです。

 そうなると、自由に時間を使える
 休憩時間ではないので、
 待機(労働時間)となるでしょう。


 トラック運転手の荷物の積み下ろしでも
 同じようなトラブルがよく置きますね。


 待機と休憩、
 まちがえないようにしましょう。



 それでは、
 今回はこれで終わりたいと思います。
  

 最後までお読みいただきまして、
 ありがとうございました。 




今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


お問い合わせ→社会保険労務士にいじまチャンネル