おはようございます、新潟の社会保険労務士
 新島です。


 今日は、業務改善助成金についてです。

 業務改善助成金は、

 社内で最低となる賃金を引き上げた場合に、
 そのために要した費用を助成する制度です。


 もう少し具体的に言いますと、


 最低賃金が時給で800円未満の労働者を
 使用している事業主が対象です。

 時給(時間換算額)を40円以上
 引き上げる計画、
 
 具体的には、 
 労働能率の増進に資する設備・器具の導入、
 就業規則の作成・改定、

 賃金制度の整備の費用、研修等を行う
 計画を作成し、

 実際に計画に沿って引き上げる。


 このように実施しますと、
 
  業務改善に係る費用の
 50%(上限100万円)の助成金が支給されます。


 事前に計画が承認され、
 その後に支出した費用でないと、

 助成の対象となりますので、
 注意が必要です。


 また、一度最低賃金額を引き上げたら、
 その後下げることはできませんので、

 こちらも注意が必要です。


 助成金ありきではなく、
 会社の政策にあうようでしたら、

 助成金受給を検討するのが良いでしょう。


 
 もし興味がありましたら、
 詳細について以下のWEBサイトをご覧になり、

 活用を検討されては、いかがでしょうか。


 業務改善助成金
 


 それでは、
 今回はこれで終わりたいと思います。
  

 最後までお読みいただきまして、
 ありがとうございました。 




今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


お問い合わせ→社会保険労務士にいじまチャンネル