おはようございます、新潟の社会保険労務士
 新島です。


 今日は、受動喫煙防止対策助成金についてです。


 この助成金は、
 職場での受動喫煙を防止するために、

 喫煙室の設置を行う際に、
 その費用の一部を助成するものです。

 
 対象となる事業主は
 次のすべてに該当する事業主です。


 (1)労働者災害補償保険の適用事業主であること
 (2) 中小企業事業主であること(対象外あり)
 (3) 一定の基準(喫煙室の入口において、
   喫煙室内に向かう風速が0.2m/s以上)を満たす
   喫煙室を設置(改修も含む)すること
 (4) 事業場内において、喫煙室以外を禁煙とすること


 つまり、受動喫煙防止対策に
 積極的に取り組んでいる事業主様を支援する
 ということです。


 気になる助成内容ですが、

 喫煙室の設置にかかる経費のうち、
 工費、設備費、備品費、機械装置費などの経費
 
 その2分の1の額が支給されます。


 上限は200万円となっています。


 他の助成金同様に、この助成金も、
 事前計画の作成が必要となります。

 先にお金を使ってから、
 計画を出しても支給されないので、
 注意しましょう。


 もし興味がありましたら、
 詳細について以下のWEBサイトをご覧になり、

 活用を検討されては、いかがでしょうか。


 受動喫煙防止対策助成金
 


 それでは、
 今回はこれで終わりたいと思います。
  

 最後までお読みいただきまして、
 ありがとうございました。 




今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


お問い合わせ→社会保険労務士にいじまチャンネル