おはようございます、新潟の社会保険労務士
 新島です。


 今日は、給与の決め方、についてです。


 給与の相場っていくらくらい?


 最近少し減ってきたものの、
 まだまだこの質問がおおく寄せられます。

 様々な統計データがありますので、
 目安となるものは提供できます。

 そして、お客さまにお渡しすると、
 さまざまな反応があります。

 ただ、相場と同じ、上、下、
 だからどうするかというと、

 意外に何も行動しないことが多い。


 相場より上だったから給与を下げる。
 なかなか難しいですね。

 相場と同じだったら、
 ふーんで終わり。

 相場より下だから上げるのか?
 普通は難しい。

 今の給与体系には、
 それなりに意味があってそうなっているはず。


 相場を意識する必要はあります。
 
 相場と大きく異なっている場合は、
 経営者か従業員、
 どちらかに大きな痛みがあるからです。

 そうでなけれ、まずは参考でいいかと。


 ただ、新卒だけは、
 相場を意識する必要があります。

 同じ年齢、未経験での採用条件なので、
 横一線だからです。


 新卒以外は、給与の金額、相場よりも、
 むしろ給与の決め方が大事です。

 これから先、給与がどうなっていくかが
 大事です。

 これらをきちんと説明できて、
 良い未来が描ける会社には、
 従業員はついてきます。

 金額よりも「決め方」、
 給与ではここを気にする必要があるでしょう。

 別の機会に更に深堀しようと思います。

 

 
 それでは、
 今回はこれで終わりたいと思います。
  

 最後までお読みいただきまして、
 ありがとうございました。 




今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


お問い合わせ→社会保険労務士にいじまチャンネル