おはようございます、新潟の社会保険労務士
 新島です。

 
 おそらく、偶然だとは思うのですが…

 先週立て続けに2件、
 罰金について、質問がありました。


 趣旨はどちらも同じです。

 仕事でミスをしたら罰金をとる。
 このようなことをしても問題はないのか?

 いくらまでOKなのかということです。
 

 私は罰金制度は、あまりお勧めしていません。

 理由は法的に問題があることと、
 効果が薄いことです。



 法的には、単に仕事でミスをしただけでは、
 罰金をとることはできません。

 就業規則上の懲戒事由に該当する場合は、
 制裁として「減給」は可能です。

 会社が損害を被ったのであれば、
 損害賠償をもとめることも可能です。


 ただ、仕事のミスの場合、
 減給や損害賠償とまでいかないケースが
 多いのではないでしょうか?

 さきほどの質問についても、
 そこまでのものではありませんでした。

 そもそも損害の判定は難しいですね。


 仮に罰金制度が有効だったとしても、
 それで会社の望む結果が得られるか。

 ここをよく考える必要があります。



 ミスがないようにチャレンジしなくなる。

 ミスがないように仕事に時間をかける。

 ミスがないように大きなプレッシャーを感じる。

 罰金をとられないようにミスを隠す。。

 このようなことが望みですか?


 
 もちろん、罰を与えることに反対はしません。
 直接お金をもらうのがいいのか?ということです。

 本人が強く意識するような
 叱る方法は他にいくらでもあります。
 
 罰金制度で会社が本当によくなるのか?
 法的に問題はないのか?

 よく考えてみる必要がありますね。



 それでは、
 今回はこれで終わりたいと思います。
  

 最後までお読みいただきまして、
 ありがとうございました。 




今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


お問い合わせ→社会保険労務士にいじまチャンネル