おはようございます、新潟の社会保険労務士
 新島です。


 追い出し部屋、いまだなくなっていないんですね。


 大手証券会社・大和証券の40代の男性社員が、
 大阪にあるグループ会社に転籍の上、
 退職を迫る「追い出し部屋」で勤務させられたとして、

 両社に200万円の慰謝料などを求めた訴訟の判決が
 24日、大阪地裁でありました。


 大阪地裁の中島崇裁判官は

 「組織的、長期にわたる嫌がらせで悪質。
 退職に追い込むための嫌がらせ」と指摘、

 一人きりの別室勤務や、
 新規顧客開拓業務への専従について、

 大阪のグループ会社が大和証券から
 了解を得ていたと認め、
 両社に150万円を支払うよう命じました。


 転籍の無効確認については、
 男性が書面で同意しているため、
 請求を退けました。


 現在の日本の法制度では、
 社員を解雇するのは非常に困難です。

 そこで、自主的に退職するように、
 仕向けているのでしょう。
 
 しかし、今回の裁判では、
 悪質と断罪されました。

 嫌がらせによる退職は、
 無効ということですね。


 解雇が難しい限り、
 今後も多くの会社で退職勧奨は、
 行われることでしょう。


 なかなか難しいところではありますが、
 退職勧奨は、できる限り、
 
 話し合いで解決できればいいですね。
  



 それでは、
 今回はこれで終わりたいと思います。
  

 最後までお読みいただきまして、
 ありがとうございました。 




今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


お問い合わせ→社会保険労務士にいじまチャンネル