おはようございます、新潟の社会保険労務士
 新島です。


 今日は、ブラック企業の求人締め出し関連法案、についてです。


 参議院厚生労働委員会は16日、
 
 悪質なブラック企業の新卒採用募集を
 ハローワークが拒否できる「青少年雇用促進法案」を
 全会一致で可決しました。

 17日の参院本会議で可決後、
 衆院の審議を経て今国会中に成立する見通しです。

 
 現行の法令では、
 企業側から求人申し込みがあった場合、
 ハローワークは求人を断ることができませんが、

 青少年雇用促進法が成立した場合、
 2016年3月からハローワークが新卒求人について、

 違法行為が確認されたブラック企業について、
 求人の申し込みを拒否できるとしています。

 
 また、残業代不払いなどの違法行為を
 年間2回以上繰り返したり、

 セクハラで社名を公表されたりなどした
 ブラック企業については、

 ハローワークへの新卒求人申し込みを受け付けません。

 求人が再開できるのは、
 違法行為が是正された後半年後となる予定です。


 また、就職活動中の学生らから要請があった場合、
 離職率や残業実態などの職場情報を提供するよう
 企業に義務付けるとしています。


 今回は、まだ新卒求人が対象となっているようですが、
 いずれは既卒者も含めることとなるのでしょう。


 ブラックの定義が残業代未払いにとどまらず、
 他の違法行為やセクハラまでも含む。

 ハローワークでの提供情報も、
 離職率や残業実態も公表となると大変ですね。

 ちょっとしたトラブルがもとで、
 ブラック企業扱いされそうです。


 それでは、
 今回はこれで終わりたいと思います。
  

 最後までお読みいただきまして、
 ありがとうございました。 




今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


お問い合わせ→社会保険労務士にいじまチャンネル