おはようございます、新潟の社会保険労務士
 新島です。


 今日は、雇用保険の加入、についてです。


 政府は今月14日、労使双方の同意を条件に、

 65歳以上の人も
 新規で雇用保険に加入する方向で
 検討を始めました。

 同時に、失業手当の受給も
 可能にするよう制度を見直す方向です。

 
 現在は、65歳以上の人は
 雇用保険に新規加入することはできません。

 しかし、65歳で再雇用が終わった、 
 定年になった、その後、

 まだまだ働きたいという人も増え、
 雇用保険に入れないことは、
 課題としてありました。

 政府としても
 高齢者の雇用確保につとめるために
 雇用保険加入を認めるということでしょうか?

 もしかしたら、年金支給開始年齢を
 引き下げる検討と連動しているかもしれません。


 いずれにせよ、
 65歳以上でも働く人が増えていますし、

 今後も超高齢化社会と言われ、
 65歳でも働くのが当たり前になるかもしれません。

 雇用保険加入は必然の流れと言えるでしょう。


 今後は、少子高齢化で、
 若年者の労働人口が減少していきます。

 60歳過ぎたら、通常の戦力としては考えにくい、
 このような考え方だと、

 必要な人員は確保できなくなってきます。

 本気で高齢者の活用を
 考える時期に来ているのではないでしょうか?



 それでは、
 今回はこれで終わりたいと思います。
  

 最後までお読みいただきまして、
 ありがとうございました。 




今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


お問い合わせ→社会保険労務士にいじまチャンネル