おはようございます、新潟の社会保険労務士
 新島です。


 今日は、ストレスチェック、についてです。


 今年の12月から50人以上の事業所へ、
 ストレスチェックが義務化されます。

 どのようにストレッスチェックを行うべきか、
 まだ詳細について不明点がありましたが、


 昨日、その詳細について、
 厚生労働省より発表がありました。

 具体的な内容や、運用方法についてです。


 ・ストレスチェックに関する実施頻度
 ・結果の作成・保存の方法
 ・医師の面接指導の実施方法
 ・高ストレス者の選定方法
 ・結果の通知結果の通知方法と通知後の対応
 ・面接指導結果に基づく事業者が講ずべき措置


 このような内容です。


 ストレスチェックの実施については、
 何年も前から話がありましたが、

 ようやく、具体的な実施方法が
 見えてきました。


 詳細は以下のサイトで告知があります。
  
 
 ストレスチェックの詳細
 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000082587.html
 

 
 いずれ、全事業所に義務化されるのではないかと
 言われています。

 今回義務化とならない会社でも、
 一度内容を見ておくことをお勧めします。



 それでは、
 今回はこれで終わりたいと思います。
  

 最後までお読みいただきまして、
 ありがとうございました。 




今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


お問い合わせ→社会保険労務士にいじまチャンネル