おはようございます、新潟の社会保険労務士
 新島です。


 今日は、自立型社員を増やすについてです。



 あなたの会社に自立型社員は  どれくらいいますか?

 
 自立型社員とは、

 --------------------------------------------
 トップダウンなしで行動できる社員
 -------------------------------------------

  このような社員のことです。

 会社の向かうべき方向、
 そのために必要な考え方を理解し行動している。

 
 こういう社員が沢山いる会社は、業績が良い。

 その理由は、あえて言う必要はないですね。



 別の言い方をすれば

 --------------------------------------------------
 業績が良い会社は、自立型社員を育てている
 --------------------------------------------------

 ということです。



 現代は、成熟した社会です。

 成熟した社会では、
 画一的な商品、サービスでは、
 
 顧客の要求に応えることはできません。

 
 顧客とより深い関係を作る必要も
 出てくるでしょう。


 そうなると、
 決まりきったトップの判断だけではなく、

 個の判断、個の力により
 顧客に対応していく必要があります。


 多様化したニーズに応えるためには、
 もはやトップの考えだけでは立ち行きません。

 自立型社員の活躍がなければ、
 業績を向上させていくことはできません。


 あなたの会社の社員は、どうでしょうか?

 
 もし、業績を向上させたいという思いを
 お持ちであれば、

 今すぐ、自立型社員を増やしていくことを
 オススメします。


 次回、もう少し深掘りしようと思います。
 
  
  
 それでは、
 今回はこれで終わりたいと思います。
  

 最後までお読みいただきまして、
 ありがとうございました。 




今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


お問い合わせ→社会保険労務士にいじまチャンネル