おはようございます、新潟の社会保険労務士
 新島です。


 今日は、厚生労働省のマンガについてです。


 厚生労働省は、
 学生・生徒などを対象に、

 就職して働き始める前や
 アルバイトをする際に

 知っておくべき労働に関する
 基本的なルールをまとめたハンドブック

 『これってあり?まんが知って役立つ労働法Q&A』を
 ホームページ上で公表しました。


 
 このハンドブックは、
 学生・生徒などの皆さんが

 就職先を選択する際や
 働いている中で参考になるように
 作成されました。

 誰でも自由にダウンロードして使える形で
 提供しています。

 
 例えば、


 求人広告にいい条件ばかり書いてあるけど
 本当に大丈夫なのか?


 給料は働きぶりを見て決める
 これtってアリなのか?


 最初は時給500円、
 これで問題はないのか?


 遅くまで残業したのに、
 残業代は払われないのは問題では?


 このような疑問について、
 マンガで非常にわかりやすく説明しています。


 本来、就職を希望する労働者向けなのですが、
 人事の担当者も、

 ケーススタディとして使えそうです。

 わかりやすく説明する方法を知るという意味でも
 いいですね。


 ストーリーというものは、
 人の頭の中に一番定着しやすい説明法です。

 教育だけでなく営業にも活用できます。

 一度ご覧になってみてはどうでしょうか?


 詳しくはこちらをご覧ください。
 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000081395.html

 
  
  
 それでは、
 今回はこれで終わりたいと思います。
  
 最後までお読みいただきまして、
 ありがとうございました。 




今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


お問い合わせ→社会保険労務士にいじまチャンネル