おはようございます、新潟の社会保険労務士
 新島です。


 痛ましい出来事が、ニュースになっていました。

  大手住宅メーカー・積水ハウスの
 社員だった男性(当時35)が自殺したのは
 上司のパワーハラスメントが原因だとして、

 兵庫県内に住む男性の両親が
 同社に9280万円の損害賠償を求めた訴訟が
 大阪地裁であり、

 同社が和解金約6千万円を支払うことで和解した。

                        (朝日新聞)


 訴状などによりますと、

 男性は顧客の苦情対応などの統括役になった
 2010年8月以降、

 上司から指導力不足などを理由に
 「死んでしまえ」「給料泥棒」などと
 日常的に罵声を浴びせられていたということです。

 2011年9月1日に行方不明となり、6日後、
 大阪市内の淀川で溺死しているのが発見されました。


 神戸西労働基準監督署は、
 業務上の心理的負荷で
 
 適応障害を発症したことが自殺につながったとして
 労災と認定し、

 男性の両親は2013年2月に提訴しています。

 会社側は「叱責はあったが、罵倒はしていなかった」などとして
 請求棄却を求めていました。


 実際どのようなことがあったのか、
 どのように感じていていたのか、

 このあたりは当事者しかわからないと思います。


 ただ、このようなことが起こってしまったのは事実。
 また、どこの会社でも起こり得ることも事実。

 このことを、全員で受けとめる必要があると思います。


 相手のことを尊重する。
 相手の心を知る努力をする。

 このようなマインドが必要ではないでしょうか。


 また、気になることとしては、
 パワハラに関する事件の報道が増えているということ。

 事件が増えていることもありますが、
 情報の発信も増えているということ。

 これは、社会として強く問題視していこうという
 流れがあるのでしょう。

 この流れを知っておくことも大事ですね。


 報道は単に事実を知らせるだけではありません。

 知らせる側の意図が含まれています。

 この点を押さえておくと、
 世の中がどう動いていくのか、

 読むことができるようになるのでは
 ないでしょうか。



 それでは、
 今回はこれで終わりたいと思います。
  
 最後までお読みいただきまして、
 ありがとうございました。 




今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


お問い合わせ→社会保険労務士にいじまチャンネル