おはようございます、新潟の社会保険労務士
 新島です。


 今日は、有給休暇の疑問についての、
 ケーススタディです。



 「有給休暇を買い上げることはできるのか??」

 という質問がありました。
 
 
 有給休暇を取らせたくないわけではないが、
 人が足りないので、

 取らせてあげたくても
 とてもそういう状況ではない。

 ただ、権利でもあるので、
 取らせないことに後ろめたさを感じる。

 このような理由で、
 有給休暇を買い上げることによって、

 有給休暇取得の代わりにならないのかという
 相談でした。


 まず、結論から言いますと、
 有給休暇の買い上げはできません。

 休ませることに意義があるからです。

 仮に買い上げたとしても、
 有給休暇を消化したことにはなりません。

 人手が少ない会社には厳しいですが・・・


 ただ、退職した後など、
 消滅した有給休暇の権利を買い取ることは
 可能です。

 それは、すでに権利が消滅したものであり、
 会社独自の法定外の制度だからです。

 
 また、会社によっては、
 消滅する有給休暇を貯めておいてあげる、

 このような制度を設けている例もあります。

 これも、法定外の制度なので、
 法律の制限を受けることはありません。


 
 それでは、
 今回はこれで終わりたいと思います。
  
 最後までお読みいただきまして、
 ありがとうございました。 




今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


お問い合わせ→社会保険労務士にいじまチャンネル