おはようございます、新潟の社会保険労務士
 新島です。


 今日は、有給休暇の疑問についての、
 ケーススタディです。



 本人から申し出があったら
 欠勤を有給に振り替えないといけないのか?

                
 このような相談がありました。


 病気やケガなどで休んだ時に、
 後から有給にしてほしいという話は、
 よく聞きますね。

 実際にこのような場合に、
 有給休暇に振り替えている会社も
 かなりあると思います。

 
 今回の質問では、
 このように欠勤を有給休暇に振り替えることが
 義務なのかどうかという質問でした。


 義務かどうかということであれば、
 義務ではありません。

 認めるかどうかは、会社の自由です。

 社内の風紀が乱れないのであれば、
 認めて良いかもしれません。

 ただ、トラブルにならないように
 就業規則などに定めておくとよいでしょう。

 働いていないのに給与がもらえることに
 反感を抱く社員も少なくありません。


 なぜこのようなことをするのか、
 その意味を伝えないと、

 思わぬ反発があるかもしれません。
  
 ここは気をつけましょう。


 ちょっと違うケースですが、
 会社が気を利かせて、社員に無断で
 欠勤を有給休暇に振り替える。

 このようなことも散見されます。


 社員が嫌でなければ
 結果的に問題にならないかもしれませんが、

 法的にはNGです。

 有給休暇は本人の請求にもとづいて
 付与するものだからです。



 それでは、
 今回はこれで終わりたいと思います。
  
 最後までお読みいただきまして、
 ありがとうございました。 




今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


お問い合わせ→社会保険労務士にいじまチャンネル