おはようございます、新潟の社会保険労務士
 新島です。


 賃上げ非協力企業には「経産省が何らかの対応」
 このような情報が入ってきました。


 甘利明経済再生担当相は11日の閣議後会見で、
 今年の春闘での賃上げについて、

 「政府は、復興特別法人税の減税を前倒しして、
 原資を渡している。

 利益があがっているのに何もしないのであれば、
 経済の好循環に非協力ということで、
 経済産業省から何らかの対応がある」と述べた。

                   (産経ニュース)
 
 
 国が賃上げしない会社を脅している?
 そういうことなんでしょうか?

 実際にご本人の発言を聞いたわけではないので、
 本当のところはわかりませんが、

 報道をみると、物騒な発言ですね。


 利益が上がっているから、
 お金が余っているというわけではありません。

 単年度の数値だけみて判断もできません。

 復興特別税を減税といっても、
 前年黒字だったら関係ない。

 これから厳しくなるとしたら・・・・

 経営状況によって会社のとるべき行動は
 変わってくるわけで、

 国に言われる筋合いはないですね。


 ただ、国としてはそれだけ強い意志をもって
 賃上げを目指していくということでしょう。

 
 アベノミクスが賃上げなど
 実際の収入に反映してないので、

 そのメリット、効果が分からないという声に、
 成果で反論をしようとしているのか?


 大企業は困ったら国が助けてくれる。
 でも中小企業は助けもらえません。

 自力で頑張るしかありません。


 賃上げは良いことですから、
 できるなら実施してほしいところです。

 ただ、周りの言葉に惑わされて、
 会社のマイルールを崩さないように
 気をつけるべきでしょう。

 ルールがないと、
 周りの言葉に左右されます。

 ルールがない場合は、
 きちんと定めるようにしましょう。



 それでは、
 今回はこれで終わりたいと思います。
  
 最後までお読みいただきまして、
 ありがとうございました。 




今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


お問い合わせ→社会保険労務士にいじまチャンネル