おはようございます、新潟の社会保険労務士
 新島です。


 昨日もこのブログで触れましたが、

 「マイナンバー制度」とは何か?
 相談が多くなってきましたので、

 
 当ブログでも、何回かにわけて、
 特集していこうと思います。

 
 今回はその第1回ということで、
 まずはその概要について、
 お伝えしようと思います。

 
 まず今回一番にお伝えしたいのは、

 マイナンバーは今年の10月に、
 国民一人一人に通知される。

 会社などマイナンバーを取り扱う事業所は、
 それまでに対策を完了しなければならない、

 ということです。


 マイナンバーは、正式には
 「社会保障・税番号制度」といいます。

 社会保障、税、災害対策の分野で
 それぞれの行政機関が保有する個人情報を紐付け

 公平・公正な制度運用を目的に
 導入が決まりました。
 

 今までは、行政機関によtって

 基礎年金番号、健康保険被保険者番号、雇用保険被保険者番号
 パスポートの番号、運転免許証番号、など

 個別に番号がついていました。

 これらを統一して一つの番号にします。

 具体的には、個人別にマイナンバーを付与し、
 10月に配布される通知カードにより、

 12桁の番号(マイナンバー)が
 届くことになります。

 そして、今後は行政への手続きにおいて、
 マイナンバーを記載して行うこととなります。


 最初に使うタイミングですが、
 制度の導入が2016年1月なので、

 来年1月になれば、
 誰にいくら払ったのか、

 給与とマイナンバーを合わせて
 管理が必要になります。


 そしてその前に、
 
 まずは10月にマイナンバーが通知されるので、
 会社としては、どのように収集するのか、

 どのように保持、管理していくのか、
 対応を決める必要があります。


 また、今までと比べものにならないくらい
 ある意味価値のある個人情報ですので、

 漏えいを防ぐための、
 厳重な措置が求められます。

 これらについて、
 この春には決めておく必要があります。
 

 
 それでは、
 今回はこれで終わりたいと思います。
  
 明日も引き続き、
 マイナンバー制度についてお伝えします。


 最後までお読みいただきまして、
 ありがとうございました。 




今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


お問い合わせ→社会保険労務士にいじまチャンネル