おはようございます、新潟の社会保険労務士
 新島です。

 今年の有給休暇を先に消化できるのか?

 毎年良く聞かれる質問です。

 
 

 有給休暇は全員が全日数を消化することは、
 なかなか少なく、

 未消化の日数が発生することが
 多々あります。

 そのような場合、
 消化せずに残った有給休暇について、
 どのような扱いをするのか?


 年次有給休暇について、労働基準法では
 時効を2年としています。
 
 よって、消化せずに残った有給休暇は、
 その翌年度に限って繰越し、
 消化することができます。


 その一方で、年度が変わると
 新たに有給休暇を取得する権利が発生します。

 そうなると、本年分と前年分、
 有給休暇は2種類発生します。

 このような場合、
 本年分、前年分どちらの分から、
 有給休暇を消化すべきか、
 迷うところですね。
 

 実際にこの点については、
 よく質問があるのですが、

 法律では定めがありません。


 よって現行の法制下では、
 どちらから先に消化しても良い
 ということになっています。

 もし就業規則に定めがあれば、
 定めにそって消化することになります。

 定めがない場合は、
 昨年分から消化することが無難でしょう。

 時効が先にくる今年分から消化、
 これは会社に有利な方法なので、

 定めがない中で強行すれば、
 従業員からの反発が予想されます。


 逆に言えば、
 今年の分から消化したいということであれば、
 就業規則に規定することをおすすめします。



 それでは、
 今回はこれで終わりたいと思います。
  

 最後までお読みいただきまして、
 ありがとうございました。 




今日の順位は?
       →
人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!


お問い合わせ→社会保険労務士にいじまチャンネル